あまい想い出、悲しい現実、自由奔放に綴ります。 筆のむくままに―
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  【 なに考えてるのやら 】 


何度か書いたように、MIEは今、2児のママをしてます。
(兄の長男2歳男児をあずかっているため)

よって、チビ1人が眠ればひと安心という
これまでとは違い、2人が寝付くまで気が抜けません。

そんなある晩のこと。

いつもは甥ちゃんの寝付きを妨害しているチビが、
私や夫、甥ちゃんよりもいち早く眠ってしまったんですね。

ラッキーーッ!(ノ´▽`)ノヽ(´▽`ヽ)

っというのも、甥ちゃんは一定の時間に到達すると、
とっても大人しくなって、テレビをみてボーッとして、
そのまま眠りにつくの。
(それをいつもチビがちょっかい出して、妨害してるのよ…)

そして、

夫:「おやすみぃ~  (*´Å`)ノ」
(眠ったチビを抱きかかえて寝室に消えた夫 )

甥ちゃん:「…………… (・・) 」 
(動きもせずDVDを見ながらウトウトしています)

MIE:「 あとは甥ちゃんが寝てしまうのをまったり待つばかりね 」
(っと、少し気が抜けたそのとき、夫が寝室から戻ってきた)

夫:「甥ちゃんはまだ寝ないの? 」
(そう言いながら、私の横にへばりついて…)

お尻をなでたり、ルームパンツを下げようとしたりの
セクシャルアピール (はぁ~溜息)


DVDを眺めながら夢の入口にいるとはいえ、
まだ起きている甥ちゃんが真横にいるというのに。。。

MIE:「 なに考えてるの!起きてるでしょ(怒)」
(夫の頭をスパンと叩くと、夫はこういった)

夫:「俺は真剣に“繁殖”を考えているんだ! 」
(なぜにそんなことを力説!?)

っま、チビ1人ですらそんな時間がもてないのに、
甥ちゃんを預かりはじめたからなお、
夫の望む夜の時間なんてもてるわけがありません。

「チャンス!」っと盛り付く男の本能も、
わからなくはないんだけどさぁ・・・

ちなみに、甥ちゃんがなかなか眠らないので、
諦めて寝室に向かった夫の捨てゼリフはこれでした。



★ 夫のひとこと★

「 甥ちゃんに従兄を増やしてあげたかったのに 」


※夫よ、甥ちゃん的には、従兄がもう一人できるよりも、
真横でそんなことしないでもらいたいと思ってるはずゼヨ。






「MIEさんの第2子計画は先延ばしみたいね」
って方は「ポチッ☆」してって下さい!
↓ ↓ ↓


 




スポンサーサイト

【2009/10/26 00:09】 | 日々。
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。