あまい想い出、悲しい現実、自由奔放に綴ります。 筆のむくままに―
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  【 羊じゃなくて・・ 】 



お出かけしたある休日のこと。

チビは帰りの車で眠ってしまい、
私は車内で食べたマックを夕飯としたので、

帰宅後の夫は一人でカレーを食べていたんです。

私はその間、珍しくのんびり入浴し、
出た後はテレビを見てたんですね。

すると・・・

「カンカンッ☆ チンチンッ☆」
(っと、背後で金属音がするので振り向いてみると。。)

夫がカレー皿をスプーンで叩き、私を見ているのです。


MIE:「 あ?おかわり?? 」
(っと尋ねると夫は)

夫:「うん (*^▽`*)ゞ  」
(空になったお皿を見せてニンマリ)

通常時におかわりをよそってくるのはいつものことですが、
まったりしている私がいる場所より、
夫の座っている椅子の方がはるかにキッチンに近い。。。

MIEは心の中で「自分で行ってくれればいいのに」と思っていた。

でも、それをダイレクトに言葉に出す私ではありません。

そして、音をたてて私を用事を申しつけた夫にMIEは
これだけ言ったのでした。



★ 本日のひとこと ★

「私は執事じゃないんですけど!」


※だって、まるでベルが鳴って呼ばれた感じだったんですね~
たまにはゆっくりしたい、夫の妻兼執事なMIEでした




「ジャーと鍋ごと食卓に出しちゃいなよ!」
って方は「ポチッ☆」してって下さい!
↓ ↓ ↓


 

スポンサーサイト

【2010/01/17 23:57】 | 日々。
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。