あまい想い出、悲しい現実、自由奔放に綴ります。 筆のむくままに―
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



【父に捧ぐ 】


product_679704888482fd54d4e03d.jpg


 
お父さんの汗によって私は育てられたんだよね

したたる“努力”という名の水…

もう、安心して拭って下さいね



父への感謝のことば大募集! レナジャポン『父の日ギフト』

父への感謝のことば大募集! レナジャポン『父の日ギフト』

 ・・・・・・ 一行詩「父に捧ぐ」を書いた背景・・・・・・

私の父は、会社経営者です。いい時もあれば、悪いときもありました。
どんなに崖っぷちに立たされていようが、
愚痴も、泣き言もいわず、休みすらもたずに働く父。
不自由なく育ててくれたのにもかかわらず、
私は、決して良い娘ではなかったですよね。

還暦を迎えた今でも、多忙な生活は変わらなく、
また変えることができないのでしょうけれど、
私は結婚して安心した生活を送っているので、
せめて“娘一人分の負担”だけでも、
背負った荷からおろしてください。

父の心にいつもあるのは、
「社員の数、そしてその家族たち全員に責任がある」
そう、気持ちとしては、随分と大家族のお父さんなわけです。
汗をぬぐい、爽やかな時間がもてるよう、
この一行詩「父に捧ぐ」をかきました。
(面と向かってはいいずらいのですが、これが私の本心です)



そのワンクリック↓が元気の源です☆
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト

【2008/05/23 08:24】 | 詩・ことば
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。