あまい想い出、悲しい現実、自由奔放に綴ります。 筆のむくままに―
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  【 雪塩ソフトクリームに思う 】 


宮古島で雪塩製塩所に訪れ、
「雪塩ソフトクリーム」を食べました!

 

甘さとしょっぱさという、味のコントラストにより、
より甘みが増すという初体験のソフトです。

店員さんが「暑い日はカップの方が食べやすいですよ」
っと、アドバイスをくれたにもかかわらず、
MIE夫婦はそれでも「コーン」でオーダー。

どんどん溶けてくるソフトクリームに悪戦苦闘しながら、
その“しょっぱいのに甘い”味のコントラストに感激!
上手いは汚れるわで大笑いのひと時でした。

雪塩製塩所を後にした車内での会話。

MIE:「絶対また宮古島に来たら食べたい! 」
(って、まだ初日なのに… )

夫:「頑張って働いてでまたこよう 」
(だから、まだまだ初日なのに… )

MIE:「そうだね、現実があるからこそ、旅行も楽しいんだろうしね」
(おいおい、旅先でナンセンスな会話だろう… )

夫:「うむ。こういった楽しさは、辛さや厳しさがあってこそのもの 」
(嗚呼、心の中は神奈川への帰路に…… )


ベビ:「…………… 」
( 爆睡中)




★本日の一句

「“甘しょっぱい” まるで人生 示す味 」


※雪塩ソフトクリームは、甘さを塩からさで引き立てる
「スイカに塩をかける原理」が働くスイーツです。


別ブログの記事で関連コラム書いています

笑いも涙もありませんが、
よろしければ読んでやってください 
↓ ↓ ↓
「「雪塩製作所で“しょっぱいのに甘いソフトクリーム」 -宮古島の旅vol.3- 」



「クスッ!」とか「OH!」って思ったら「ポチッ☆」してって下さい!
ブログランキング・にほんブログ村へ



 
スポンサーサイト

【2008/06/10 01:26】 | 日記DE川柳
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。