あまい想い出、悲しい現実、自由奔放に綴ります。 筆のむくままに―
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

独身時代に勤めていた会社で、効率化を図ることを目的に、
何度も模様替えをしていました。

そのたびに苦労するのが、PCや電話などの配線関係…

「ここにデスクを持っていきたいのに、コードが届かない(><)」
「レイアウトはスッキリしたのに、デスク下は配線がごちゃごちゃ…」

ぶっちゃけ、気にしなければそれでもいいのでしょうが、
心をリセットする意味もある模様替えなので、
これは徹底したかったんですが…
現状は変わらずじまい。
そのことをわすれるまでは、気分が悪かった記憶があります。

あと、クライアントと電話でやり取りをしながら、
資料を探したり、メインのPC作業をしたりすることが多かったので、
コードレスが欲しかったのですが、なかったんですよ、これが。
今振り返ると、「何でなかったんだろう?」って思いますね。


私が知っている(使っていた)ビジネスホンとは、いかにも「会社の電話」って感じのものだったのですが、
最近では、スマートでコンパクトなビジネスホンがあるらしいですね。

「RACSIA(ラクシア)」というビジネスホンがあるらしいですね。「FMC」に対応した無線LANアンテナが内臓されたワイヤレスタイプだそうで、なんと「FMC」対応の携帯電話FOMA/無線LANデュアル端末を使えば、社内の電話から“内線電話”として携帯につなぐことができるんだそうです!


「これは便利!」

「コードレスがよかったな~」なんて言っていたのですが、
このサービス内容を知って、“そうだよ!これだよ!”って、
不便だった記憶が蘇ってきたのです。


クライアントから担当宛にかかってきた電話は、
用件も様々で、担当外でないとわからない内容のものが多々。
中には、たまたま電話に出た、話のわからない社員に、
いきなり怒り出すお客さんもいたりして……

基本的に日中は取材などで社員は出払っていることが多かったので、
溜まった仕事をしようと社にいると、
電話応対に追われてしまって、結局は自分の仕事が全くできない
なんてこともしょっちゅうでした。

だから、こういった「RACSIA(ラクシア)」のようなビジネスホンがあったのなら、仕事の効率化も図れると思うんです。担当宛の電話を、不在時にも直接まわせるなんて、とても理想的!
外回りが多い業種や企業などにはなおさらです。


今、社員の視点でものを書きましたが、これ、当然、お客様のためにもなるんですよね。
急用なのに、担当は不在。その連絡待ちにイライラすることも随分と減るでしょうし、伝言が伝わらずにトラブルになることもないでしょう。

「RACSIA(ラクシア)」は、便利というだけでなく、企業の高感度をあげるビジネスホンとして期待が寄せられそうです。

ちなみに「FMC」の携帯電話で、社内からかける外線電話には、通話料が“ひかり”扱いとなるそうです。経費削減の一助ともなるわけですね。


■記事の参考
ビジネスホン「RACSIA(ラクシア)」

スポンサーサイト


追記を閉じる▲
私が知っている(使っていた)ビジネスホンとは、いかにも「会社の電話」って感じのものだったのですが、
最近では、スマートでコンパクトなビジネスホンがあるらしいですね。

「RACSIA(ラクシア)」というビジネスホンがあるらしいですね。「FMC」に対応した無線LANアンテナが内臓されたワイヤレスタイプだそうで、なんと「FMC」対応の携帯電話FOMA/無線LANデュアル端末を使えば、社内の電話から“内線電話”として携帯につなぐことができるんだそうです!


「これは便利!」

「コードレスがよかったな~」なんて言っていたのですが、
このサービス内容を知って、“そうだよ!これだよ!”って、
不便だった記憶が蘇ってきたのです。


クライアントから担当宛にかかってきた電話は、
用件も様々で、担当外でないとわからない内容のものが多々。
中には、たまたま電話に出た、話のわからない社員に、
いきなり怒り出すお客さんもいたりして……

基本的に日中は取材などで社員は出払っていることが多かったので、
溜まった仕事をしようと社にいると、
電話応対に追われてしまって、結局は自分の仕事が全くできない
なんてこともしょっちゅうでした。

だから、こういった「RACSIA(ラクシア)」のようなビジネスホンがあったのなら、仕事の効率化も図れると思うんです。担当宛の電話を、不在時にも直接まわせるなんて、とても理想的!
外回りが多い業種や企業などにはなおさらです。


今、社員の視点でものを書きましたが、これ、当然、お客様のためにもなるんですよね。
急用なのに、担当は不在。その連絡待ちにイライラすることも随分と減るでしょうし、伝言が伝わらずにトラブルになることもないでしょう。

「RACSIA(ラクシア)」は、便利というだけでなく、企業の高感度をあげるビジネスホンとして期待が寄せられそうです。

ちなみに「FMC」の携帯電話で、社内からかける外線電話には、通話料が“ひかり”扱いとなるそうです。経費削減の一助ともなるわけですね。


■記事の参考
ビジネスホン「RACSIA(ラクシア)」

スポンサーサイト

【2008/06/12 01:11】 | 見つけた!
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。