あまい想い出、悲しい現実、自由奔放に綴ります。 筆のむくままに―
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近、めっきりお酒なんて飲んでないわ〜
昔は毎週末のように、夜の蝶となっていたのに…
(繁華街の明かりを求めて飛び立つ様を指す・笑)

といっても、もともと強い方でもないんですけどね(^^)

だから、夫の晩酌のビールを一口もらうだけでも、
十分酔いしれることができちゃうの♪

ビールは350ml半分で、十分満足!
本当だったら、カクテル系とか梅酒とかが
飲みやすくてイキたいところだけど、
ベビのお世話もあるし、
そうそう酔ってもいられないのよ┐(´ー)┌フッ 。

それに、家でカクテルって、なんかねぇ〜…


家飲みでも、酒酒してる味がちょっぴり苦手な私にも、
飲みやすそうなリキュールを見つけました♪



。o☆*゜¨゜゜ ゆずひめ 。o☆*゜¨

なんだか、7月7日の
「織姫」さまみたい( ´艸`)

ゆずひめはね、芋焼酎(逢初・あいそめ)というボディに、
贅沢なまでにゆず果汁というドレスをまとわせた
爽やかで癒し系のプリンセスなんですって (〃▽〃)!



芋焼酎って聞くと、お酒が苦手な私としては、
「大丈夫かな?飲めるかな?強くないかな?味に馴染めるかな?」って、
ちょっぴり不安があるのですが、
注がれたグラスからは、フレッシュなゆずの香りがただようんですって!

芋焼酎がベースなのに、
フルーティなのって、すごく飲みやすそうヽ(´∀`)ノ

それに、ゆず果汁って、なんともいえない
癒しの香りでしょ☆
お風呂にも一滴たらしたいかもぉ(。-_-。)ポッ

これ、私だったらやっぱり「食前酒」にしたいな〜
お料理を食べる前に、爽やかな口当たりで心が癒され、
フレッシュな香りに食がそそられていくの。

まずゆずひめをいただいて、
それから、お酒とお料理を一緒に楽しむわけですが、
上品な懐石がいいな!

さわらの焼き物や、丁寧にならべられた美しいお刺身、
季節感ただよう盛り付けの椀物に、炊き合わせ。
旬の素材をテーマにした茶碗蒸しに、
酢の物や一口サイズの串揚げなんかもいいわ!
デザートは、ゆずひめが柑橘系なので、
フルーツではなく、葛きりとか、水饅頭を熱望!!
(*゚▽゚)*。_。)ウンウン

って、思うと、ゆずひめを主役とした雰囲気づくりのために、
自宅で懐石料理でも作ってみちゃおうかなんて
意欲がわいてきちゃいました。
だって、ゆずひめって、お料理にも使えるみたいだから(´ゝз・)

もうそろやってくる7月7日の七夕。
ゆずひめ様を、「懐石」の隠し味に取り入れた「ゆず懐石」でも
作ってみちゃおうかしら(*´∇`*)
(夫は喜ぶでしょうね♪)

なんとなく味のラインが調いそうだし、
お洒落な感じしません?

もちろん、その食前酒は「ゆずひめ」で!


■記事の参考
ゆずひめ

芋焼酎をベースにゆず果汁をふんだんに使われた爽やかなリキュール。女性にも飲みやすく、爽やかで心が癒されます。ストレートでもロックでもソーダ割りでもOK!またドレッシングや焼き鳥などのお料理の“隠し味”にもマルチに活躍しちゃうそうですよ!
スポンサーサイト


追記を閉じる▲

家飲みでも、酒酒してる味がちょっぴり苦手な私にも、
飲みやすそうなリキュールを見つけました♪



。o☆*゜¨゜゜ ゆずひめ 。o☆*゜¨

なんだか、7月7日の
「織姫」さまみたい( ´艸`)

ゆずひめはね、芋焼酎(逢初・あいそめ)というボディに、
贅沢なまでにゆず果汁というドレスをまとわせた
爽やかで癒し系のプリンセスなんですって (〃▽〃)!



芋焼酎って聞くと、お酒が苦手な私としては、
「大丈夫かな?飲めるかな?強くないかな?味に馴染めるかな?」って、
ちょっぴり不安があるのですが、
注がれたグラスからは、フレッシュなゆずの香りがただようんですって!

芋焼酎がベースなのに、
フルーティなのって、すごく飲みやすそうヽ(´∀`)ノ

それに、ゆず果汁って、なんともいえない
癒しの香りでしょ☆
お風呂にも一滴たらしたいかもぉ(。-_-。)ポッ

これ、私だったらやっぱり「食前酒」にしたいな〜
お料理を食べる前に、爽やかな口当たりで心が癒され、
フレッシュな香りに食がそそられていくの。

まずゆずひめをいただいて、
それから、お酒とお料理を一緒に楽しむわけですが、
上品な懐石がいいな!

さわらの焼き物や、丁寧にならべられた美しいお刺身、
季節感ただよう盛り付けの椀物に、炊き合わせ。
旬の素材をテーマにした茶碗蒸しに、
酢の物や一口サイズの串揚げなんかもいいわ!
デザートは、ゆずひめが柑橘系なので、
フルーツではなく、葛きりとか、水饅頭を熱望!!
(*゚▽゚)*。_。)ウンウン

って、思うと、ゆずひめを主役とした雰囲気づくりのために、
自宅で懐石料理でも作ってみちゃおうかなんて
意欲がわいてきちゃいました。
だって、ゆずひめって、お料理にも使えるみたいだから(´ゝз・)

もうそろやってくる7月7日の七夕。
ゆずひめ様を、「懐石」の隠し味に取り入れた「ゆず懐石」でも
作ってみちゃおうかしら(*´∇`*)
(夫は喜ぶでしょうね♪)

なんとなく味のラインが調いそうだし、
お洒落な感じしません?

もちろん、その食前酒は「ゆずひめ」で!


■記事の参考
ゆずひめ

芋焼酎をベースにゆず果汁をふんだんに使われた爽やかなリキュール。女性にも飲みやすく、爽やかで心が癒されます。ストレートでもロックでもソーダ割りでもOK!またドレッシングや焼き鳥などのお料理の“隠し味”にもマルチに活躍しちゃうそうですよ!
スポンサーサイト

【2008/06/23 23:05】 | 見つけた!
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。