あまい想い出、悲しい現実、自由奔放に綴ります。 筆のむくままに―
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  【 ほととぎす】 



それはまだ結婚したての頃、
夫の実家に遊びに行ったときのことです。

夫実家のお義母さんが、
お寿司をとってくれていたの(^^)

その帰り際に、

夫:「これ、お寿司代。ありがとね 」
(3千円ぐらいを手渡そうとする夫 )

義母:「いいわよ~いいわよ~ 」
(受け取らないお義母さん )

夫:「受け取ってよ 」
(無理やりエプロンのポケットにお金を突っ込んできた)

MIE:「 お金、強引に渡しちゃって、お義母さん怒らない??」
( 自分の母だったら、絶対怒り始めると想像するMIE)

夫:「なんで怒るの? 」
( わけがわからぬといった顔→(--)?)

MIE:「だって、MIEママはさ、ってかうちの両親はさ… 」
( とりあえずMIE実家の"我が家のルール”を語りだす)

そう、MIE実家の父と母は忙しくて時間がないゆえに、
駄目なものは駄目、いいものはいいと、
子供たちと「駄目と良い」のやりとりをしている余裕がなかったの。

だから、一度「いらない」といわれたものを
「受け取って」といった瞬間・・・・・・・・
「BOM!」って、怒り出す(・0・)!わぉ~

よって、兄も私も、親に何かをしてあげようと尋ねて、
一度断られたら、二度目はほぼ声をかけないのです。

それが、当たり前のようになっていたので、
(もちろん他所の人とはそうはしませんが)
夫ファミリーのやりとりが、ある意味新鮮だったのです。

夫:「あ、でも俺、MIE両親には遠慮しないから大丈夫 」
( 今度は私がわけがわからぬといった顔→(--)?)

★本日の一句

「鳴かぬなら 鳴かせる・殺す 待つも駄目」



※そうなったときは、とっとと退散しましょう。
兄とMIEは、絶対「武将」にはなれませんね。
いいえ、むしろ「無精者」になる可能性が…

(タイトルと記事のミスマッチの意味、ここで合点がいきました?)


「クスッ!」とか「OH!」って思ったら「ポチッ☆」してって下さい!
ブログランキング・にほんブログ村へ



 

スポンサーサイト

【2008/07/13 15:26】 | 日記DE川柳
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。