あまい想い出、悲しい現実、自由奔放に綴ります。 筆のむくままに―
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今日の気になるMONO…

 【 ametuti ワンダーモイストシリーズ】 
〜 グレースキンゾーンの私に「ピンッ!」〜


54492750348622b7c110d0.jpg



 ■□ ↓つづきはコッチ↓ □■ 

三十路突入してもうそろ2年を回る。

10代の頃から思えば、30代なんて立派なオバサン世代であって、
ある意味、若い娘とオバサンのボーダーラインが
「30代突入」だと思っていた。

でも、いざなってみると、まだまだ気持ち(だけ)は若いもので、
さすがに「女の娘」なんて表現はできないけれど、
ファッションだって、アクセだって、
若い世代の雑誌の中に「可愛い!」って思うものがたくさんある。

でも、実際それらを身に着けてみると、
思った以上に・・・・「似合わない(><)」

「嗚呼、歳とったんだな〜」なんて、
しょんぼりしたこともある(笑)

もともと美肌にはほど遠い、スキンポテンシャルの低い私。
だからこそ、歳とったって、あまり変わらないんじゃない〜??

なんて思い込みが間違いだった・・・

今風のファッションがミスマッチなのも、
ちょいと老いぼれはじめたこのハリ艶のないお肌のせいかも!!

でもさ〜、
三十代って、微妙なのよね〜

若いというにはおこがましい気もするけれど、
人生のロングスパンでみたのなら十分若いわけで、
ようは、白でも黒でもないグレーゾーン。

化粧品選びだって、ちょっと悩んじゃうわけよ。

高級な熟年層向けのコスメはまだ敷居が高く、
肌を怠けさせてしまいそうな感じがするし、
かといってカジュアル基礎コスメじゃ〜、物足りない気分?
(だって、若い肌とはやぱり能力値が違うから…)

っと、イロイロ試している私であります。

そんな私が今気になっているのが、
“変わり目肌世代”といったコピーにパッションを受けた
「ametuti ワンダーモイストシリーズ」。

・ametuti ワンダーモイスト ローション(化粧水)
・ametuti ワンダーモイスト ミルク(乳液)


〜ワンダーモイスト ローション〜
育児に追われてスキンケアもゆったりとれないMIE肌に瞬間保湿!
しかも、“滞潤時間”が、とーーーっても良いらしいので。
ベタベタしないのに、しっとり感はしっかい。
潤いをきちんと残しつつも、肌から消えていくように、真皮に入り込む!?

外はサラサラ中うるるん♪

って、理想的なウォータリング感があじわえちゃいそう(^^)

※加水分解卵殻膜といったエッグシェルセラムたるものが、
お肌の内側・外側から潤いアプローチとのことよ!!
(むきたてゆで卵のようなお肌を手に入れられそう☆)


〜ワンダーモイスト ミルク〜

ゆで卵のようなお肌もいいけど、シルクのような上質スキンも魅力的!
ミルクにおいては、潤いたっぷりの状態のお肌を、
さらになめらかにしてくれるらしいの!

大人の美しい女を演出できるような、
しっとりとした魅惑的なお肌になれそうね!
三十路肌的には、こういったセレブ感ただようコンセプトって、
気になります(・v・)

※シルク抽出性成分のシルクヴェールがお肌を包み込む!
(目指せ絹肌!艶と手触りが実感できたらいいな☆)

*************************


オバサン肌なんていわれたくない!
でも、若作りは逆効果!
背伸びしたい年代に憧れていた、
ちょっぴり上質感ただようスキンケアは、
等身大の自分で使えそうな基礎コスメ!
かといって、価格はあくまでもカジュアルですしね(喜)

そんな「ametuti」・・・

 ぜひ試してみたい! 



■ametuti ワンダーモイストシリーズ

・ワンダーモイスト ローション(化粧水)
税込価格:¥3,360 (本体価格¥3,200) 内容量:120ml

ワンダーモイスト ミルク(乳液)
・税込価格:¥3,360 (本体価格¥3,200) 内容量:100ml

商品参考

ametutiシリーズを試したい理由を教えて!

ametutiシリーズを試したい理由を教えて!

「気になる!」って思ったら「ポチッ☆」してって下さい!
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト


追記を閉じる▲
三十路突入してもうそろ2年を回る。

10代の頃から思えば、30代なんて立派なオバサン世代であって、
ある意味、若い娘とオバサンのボーダーラインが
「30代突入」だと思っていた。

でも、いざなってみると、まだまだ気持ち(だけ)は若いもので、
さすがに「女の娘」なんて表現はできないけれど、
ファッションだって、アクセだって、
若い世代の雑誌の中に「可愛い!」って思うものがたくさんある。

でも、実際それらを身に着けてみると、
思った以上に・・・・「似合わない(><)」

「嗚呼、歳とったんだな〜」なんて、
しょんぼりしたこともある(笑)

もともと美肌にはほど遠い、スキンポテンシャルの低い私。
だからこそ、歳とったって、あまり変わらないんじゃない〜??

なんて思い込みが間違いだった・・・

今風のファッションがミスマッチなのも、
ちょいと老いぼれはじめたこのハリ艶のないお肌のせいかも!!

でもさ〜、
三十代って、微妙なのよね〜

若いというにはおこがましい気もするけれど、
人生のロングスパンでみたのなら十分若いわけで、
ようは、白でも黒でもないグレーゾーン。

化粧品選びだって、ちょっと悩んじゃうわけよ。

高級な熟年層向けのコスメはまだ敷居が高く、
肌を怠けさせてしまいそうな感じがするし、
かといってカジュアル基礎コスメじゃ〜、物足りない気分?
(だって、若い肌とはやぱり能力値が違うから…)

っと、イロイロ試している私であります。

そんな私が今気になっているのが、
“変わり目肌世代”といったコピーにパッションを受けた
「ametuti ワンダーモイストシリーズ」。

・ametuti ワンダーモイスト ローション(化粧水)
・ametuti ワンダーモイスト ミルク(乳液)


〜ワンダーモイスト ローション〜
育児に追われてスキンケアもゆったりとれないMIE肌に瞬間保湿!
しかも、“滞潤時間”が、とーーーっても良いらしいので。
ベタベタしないのに、しっとり感はしっかい。
潤いをきちんと残しつつも、肌から消えていくように、真皮に入り込む!?

外はサラサラ中うるるん♪

って、理想的なウォータリング感があじわえちゃいそう(^^)

※加水分解卵殻膜といったエッグシェルセラムたるものが、
お肌の内側・外側から潤いアプローチとのことよ!!
(むきたてゆで卵のようなお肌を手に入れられそう☆)


〜ワンダーモイスト ミルク〜

ゆで卵のようなお肌もいいけど、シルクのような上質スキンも魅力的!
ミルクにおいては、潤いたっぷりの状態のお肌を、
さらになめらかにしてくれるらしいの!

大人の美しい女を演出できるような、
しっとりとした魅惑的なお肌になれそうね!
三十路肌的には、こういったセレブ感ただようコンセプトって、
気になります(・v・)

※シルク抽出性成分のシルクヴェールがお肌を包み込む!
(目指せ絹肌!艶と手触りが実感できたらいいな☆)

*************************


オバサン肌なんていわれたくない!
でも、若作りは逆効果!
背伸びしたい年代に憧れていた、
ちょっぴり上質感ただようスキンケアは、
等身大の自分で使えそうな基礎コスメ!
かといって、価格はあくまでもカジュアルですしね(喜)

そんな「ametuti」・・・

 ぜひ試してみたい! 



■ametuti ワンダーモイストシリーズ

・ワンダーモイスト ローション(化粧水)
税込価格:¥3,360 (本体価格¥3,200) 内容量:120ml

ワンダーモイスト ミルク(乳液)
・税込価格:¥3,360 (本体価格¥3,200) 内容量:100ml

商品参考

ametutiシリーズを試したい理由を教えて!

ametutiシリーズを試したい理由を教えて!

「気になる!」って思ったら「ポチッ☆」してって下さい!
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト

【2008/07/24 21:56】 | 気になるMONO
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。