あまい想い出、悲しい現実、自由奔放に綴ります。 筆のむくままに―
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ずっと探し続けてきたマイホーム物件ですが、
とっても条件を満たす土地にめぐりあうことができ、

ご契約、しちゃいました!!

建売に中古住宅などなど、いろいろな方向から探し続けてきたのですが、
やっぱり自分たちで間取りなどを決められる0からの建築がよく、
予算と土地条件などと格闘の末、妥協点などとも悶絶し、
ようやく判子つけるぐらいのものが出てきたのです。

今、間取り打ち合わせなどをはじめたばかりですが、
自分たちのライフスタイルを家に反映させ、
趣向も盛り込み・・・

楽しいですね~(お金のことを気にしなければ・苦笑)

でも、家づくりって本当に
自分の拠点となる場所を築くことだから、
あれやこれやとできるかぎりのアイデア
出しているんですね。

ちょっとした工夫やアイデアひとつで、
全然違った家づくりができりうと思うから。

ただ、予算もあるのでそこまでこだわりにこだわったものは
ちょっと厳しい・・・・
でも、家具などのインテリアによって、十分テイストっていじられるものね!



暮らし方にあった
家をつくろう。


これ、IKEAカタログ2009の表紙にかかれていたメインコピー。





イケアとは、スウェーデン発のホームファニッシングストア。
2006年に日本において一号店をオープンさせたところなんですよ!

オンライン上にてアイテムチェックできる
IKEAカタログ2009には、
家具紹介のみならず、家づくりのソースや
暮らしのアイデアといった情報がたくさん!

素敵な家具たちをライフステージというビジョンで紹介してある
読み物要素のたっぷり詰まった一冊なの!


リビングルームからはじまり、ダイニング、キッチン、ベッドリームへと移り、
ティーンエイジャーやキッズなどの年齢層にも好まれやすいページもあります。
ハウスキーピングや収納については、ちょっと取り入れたいようなアイデアも!!
そして、ホームオフィスやらバスルーム、照明にデコレーションなどなど、
ページをめくるごとに、世界がかわっていくような・・・

アイテムも、ポップなものシックなもの、個性的なものなど、
たくさんのテイストが用意されているので、
「こんな部屋、家、キッチン」で過ごしたい
といったお気に入りの自分スタイルが
見つかっちゃうかもしれませんね!

IKEAカタログ2009をオンラインで見る際には、
「自動ページめくり」なんて機能が便利でした!
ぺらぺらめくる速度を変えられるので、
立ち読み感覚で見ていて、
気になるページでSTOP!
実際に手にとって見ているような感じで
カタログ&情報収集ができるはずですよ!
スポンサーサイト


追記を閉じる▲


暮らし方にあった
家をつくろう。


これ、IKEAカタログ2009の表紙にかかれていたメインコピー。





イケアとは、スウェーデン発のホームファニッシングストア。
2006年に日本において一号店をオープンさせたところなんですよ!

オンライン上にてアイテムチェックできる
IKEAカタログ2009には、
家具紹介のみならず、家づくりのソースや
暮らしのアイデアといった情報がたくさん!

素敵な家具たちをライフステージというビジョンで紹介してある
読み物要素のたっぷり詰まった一冊なの!


リビングルームからはじまり、ダイニング、キッチン、ベッドリームへと移り、
ティーンエイジャーやキッズなどの年齢層にも好まれやすいページもあります。
ハウスキーピングや収納については、ちょっと取り入れたいようなアイデアも!!
そして、ホームオフィスやらバスルーム、照明にデコレーションなどなど、
ページをめくるごとに、世界がかわっていくような・・・

アイテムも、ポップなものシックなもの、個性的なものなど、
たくさんのテイストが用意されているので、
「こんな部屋、家、キッチン」で過ごしたい
といったお気に入りの自分スタイルが
見つかっちゃうかもしれませんね!

IKEAカタログ2009をオンラインで見る際には、
「自動ページめくり」なんて機能が便利でした!
ぺらぺらめくる速度を変えられるので、
立ち読み感覚で見ていて、
気になるページでSTOP!
実際に手にとって見ているような感じで
カタログ&情報収集ができるはずですよ!
スポンサーサイト

【2008/08/05 07:21】 | 見つけた!
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。