あまい想い出、悲しい現実、自由奔放に綴ります。 筆のむくままに―
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フジテレビで2004年4月13日〜2004年6月29日まで放送されていた
「アットホームダッド」(全12回)。

私がこの「アットホームダッド」をリアルタイムで見たときは、
まだ結婚もしておらず、仕事に熱中してばかりいたときでした。

-------------------------------------------------------

主人公・山村和之は阿部寛、その妻・美紀は篠原涼子。
物語は、大手広告会社にてCMクリエイターとして活躍していた和之が、
会社を辞めざるおえなくなったことから展開していく。

そう、今まで仕事一筋で生きてきた、自身満々でプライドの高い山村和久が、
家事や子育てなどの「主夫」となり、
妻の美紀が家計を支えるために働き始めるといったストーリー。

物語に欠かせない登場人物といえば、宮迫博之演じる隣人の杉尾優介。
彼は、山村家の隣の主で、和之よりもずっと以前から夫婦逆転生活をしている“主夫の先輩”なのだ。妻の杉尾笙子(オセロ中島知子)が人材派遣会社の経営でがっちり稼ぎ、優介が家事と育児をパーフェクトにこなす。

ほか、幼稚園の先生に滝沢さおり、その恋人でありスイミングスクールのコーチに永井大、町内会の中心人物には川島なお美など、なかなか豪華なキャスティングで、「夫婦が互いに思いやる心」「妻の仕事」「夫の仕事」などが笑いを交えつつ描かれているドラマだった。

-------------------------------------------------------

独身時代に「アットホームダッド」を見たときは、阿部寛演じる「山村さん」と宮迫博之演じる「杉尾さん」のやりとりが面白く、慣れない家事に奮闘する“ダッド”の姿をケラケラと笑いながら見ていたものです。

そんな「アットホームダッド」が、先月ぐらいだったかな?
私の住んでいるエリアにて再放送されていたの。

(ストーリーもその結末もわかっているのにもかかわらず、
ついつい連ドラ再放送を見てしまうのは主婦の性でしょうか…)

でもね、独身時代にリアルタイムで見ていたときとは、まったく別のドラマに感じたんです。
“見る視点”って、自分の状況により変化するものなんですね〜

●視点1:「杉尾さんの家事アドバイスに耳を大!」
主夫として経験の長い隣人の杉尾(宮迫)は、節約方法など家事についてを山村(阿部)に教えてあげるのですが、これが、現在主婦となって家庭のことをやるようになった私にはとっても参考になったの!
例)スーパーではカーとは使わない!
(重さを感じて買いすぎを防ぐため)

●視点2:「夫が妻(主婦)の仕事を心底わかっていく様」
山村(阿部)は、妻の仕事をして始めて、「帰宅を待つ妻の気持ち」がわかったり、「日常の家事について」、「毎日お料理を作る大変さ」を実感するわけなんですが、これはもう、「そうだそうだ!」って感じで見てしまいました。

独身時代には、まったく感じることができなかった見所です。

特に「視点:2」については、しみじみと思いましたよ。

「帰宅が遅いのは仕方がないけど“連絡はしてもらいたい”」
「外で仕事をしているのが“偉い”という意識はいかがなものか」

などなど、実際に、家を守る主婦(主夫)でなければわからない気持ちを、
ドラマの内で山村和之(阿部寛)は、これまでの主婦(妻)に
少しずつながらも感謝していくようになるの。

外で働く夫にとっては些細なことかもしれないけれど、
それによって、どれだけ妻にシワ寄せがいってるのかを
わかってもらいたいよな〜って、
ドラマを見ながら思っていました。

「けっこう身勝手な私の夫に、ぜひアットホームダッドを見せてあげたいわ!」

そんなことも思いましたが、

私が独身時代、このドラマを見ても何も感じなかったように、
たぶん夫はこのドラマを見ても、決して「妻の立場」を考えたりはしないのでしょうね…








スポンサーサイト


追記を閉じる▲
●視点1:「杉尾さんの家事アドバイスに耳を大!」
主夫として経験の長い隣人の杉尾(宮迫)は、節約方法など家事についてを山村(阿部)に教えてあげるのですが、これが、現在主婦となって家庭のことをやるようになった私にはとっても参考になったの!
例)スーパーではカーとは使わない!
(重さを感じて買いすぎを防ぐため)

●視点2:「夫が妻(主婦)の仕事を心底わかっていく様」
山村(阿部)は、妻の仕事をして始めて、「帰宅を待つ妻の気持ち」がわかったり、「日常の家事について」、「毎日お料理を作る大変さ」を実感するわけなんですが、これはもう、「そうだそうだ!」って感じで見てしまいました。

独身時代には、まったく感じることができなかった見所です。

特に「視点:2」については、しみじみと思いましたよ。

「帰宅が遅いのは仕方がないけど“連絡はしてもらいたい”」
「外で仕事をしているのが“偉い”という意識はいかがなものか」

などなど、実際に、家を守る主婦(主夫)でなければわからない気持ちを、
ドラマの内で山村和之(阿部寛)は、これまでの主婦(妻)に
少しずつながらも感謝していくようになるの。

外で働く夫にとっては些細なことかもしれないけれど、
それによって、どれだけ妻にシワ寄せがいってるのかを
わかってもらいたいよな〜って、
ドラマを見ながら思っていました。

「けっこう身勝手な私の夫に、ぜひアットホームダッドを見せてあげたいわ!」

そんなことも思いましたが、

私が独身時代、このドラマを見ても何も感じなかったように、
たぶん夫はこのドラマを見ても、決して「妻の立場」を考えたりはしないのでしょうね…








スポンサーサイト

【2008/03/24 08:05】 | つぶやき
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。