あまい想い出、悲しい現実、自由奔放に綴ります。 筆のむくままに―
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今日の気になるブログ…

 【よわむしの詩 】 
~ 孤独な主婦せつこが描く日常4コママンガ~


ブログ「よわむしの詩」

ブログって、自分の心を開放できる“空間”でもあるんですよね。

このブログ「しゅがすぱ」においても、
なにげなくあった日々の出来事、
くだらないことがきっかけで起きた喧嘩、
声に出してまで言うレベルではないひとりごとなど、
主婦、妻、ママとしての毎日を綴っているわけです。

(こんなくだらない私の活字たちに、コメントをくださるみなさんに、
いつも元気をもらったり、励まされたりしているわけです・感謝☆)

だからこそ、共感できる記事がたっぷりある
せつこさんの「よわむしの詩」は、とても気になります!

ランキングなどにおいても上位常連者ですし、
もちろん応援や共感、ときに相談などの
コメントもたくさん。羨ましいかぎりです(^^)

その人気の秘密を、私なりに探ってみようかと・・・・・


 ■□ ↓つづきはコッチ↓ □■ 




●やっぱりイラストはいいね!
自分のブログ(しゅがすぱ)と「よわむしの詩」との圧倒的な違いは、やっぱりイラストがあることですね。素朴で親しみのあるタッチによって、様々な日常が語られているのですが、「絵」で読み進めるのはとても読みやすいですし、感情などの表現も伝わりやすいの。かつ4コマ漫画的なのでサクサク読めるのも見所のひとつ。また、イラストはせつこさんが描かれているのでしょうが、これも「パソコン」というなかに、手作りのぬくもりが感じられるのも人気のひとつなのかな?よく、文字は人をあらわすなんていいますが、人柄や心が反映される「イラスト」にも当選ながら体温が宿っている感じがしますもの。


●共感できるエピソードもいいよね!
同じ子供を持つママは特に、せつこの記事にうなずくことが多いんじゃないかしら?MIEはよわむしの詩の記事の中に、たくさん「おなじだわ~」という経験を見つけることができて、ついついオバちゃん口調で「そうなのそうなの!!」って発してしまいましたよ(笑)

例えば・・・・

「せつこの次女がかぜひいた2」という記事。
これは、子供が風邪をひいたときの内容。悪戯や遊び相手にふりまわされない(子供が眠っている時間)についリラックスしてしまうという話。私も経験あるんですよね。。。チビが熱を出して、一日中寝込んでいることがあって、当然心配はするのですが、添い寝でウトウトしてしまったり、子供が眠っている間に、PCに向かってしまったり。。「早く元気になってもらいたい」と思いながらも、ちょっと息を抜いちゃったりして(うむ…)
あと、風邪をひいて、やたらと大人しい子供に「人形みたでかわいい♪」なんて、思ってしまったり。


せつこさんについて。
友達のいない孤独な35歳の主婦というせつこさん。子育てってものすごく大変で、それでいて閉鎖的なのにもかかわらず「携帯はほとんどなりません」ときた。だからなのかな、シュールな面白さがにじみでているのは。。ゲラゲラと笑わせるようなあからさまな仕掛けがあるわけでもなければ、物凄く暗い内容ばかりでもない。元気が無い人でも「クスッ」とできる。「せつこの部屋」の扉って、ものすごく入りやすいのかもしれません。敷居が低いってやっぱり人気の秘密よね?
疲れきっている人にはささやかな笑いを、
同じ境遇の人には共感できる安心を―。
今日もきっと新しい誰かが、「よわむしの詩」をクリックしているはず。




 *・゜゜・*:.。..。.:*・゜*・゜゜・* *・゜゜・*:.。..。.:*・゜*・゜゜・*

実は、そんな「よわむしの詩」が、書籍化されるようです。
※ブログ記事内にも「産みの苦しみ」をモチーフに、
ブログのテイストに沿った紹介の仕方がされていました!


『よわむしの詩』表紙
11月27日に全国書店にて一斉発売予定
(発行 マーブルトロン/発売 中央公論新社)



羨ましい限りです(^^)
ブログという枠を超え、手に触れられるカタチになるだなんて♪

ちなみに、「よわむしの詩」の発売を記念した特設サイト
オープンしているとのことで、こちらにも遊びにいってみました。

よわむしの詩 特設サイトここでは、書籍紹介やキャラクター紹介、
立ち読み的に4作品がアップされていたり、
またダウンロードなどのコンテンツもありました。
著者プロフィールを見てみたのですが、
学生時代にショートマンガ家デビューの経験があるそうで、
そこで挫折しているという点も、
むしろ著者のPRポイントになっていますね。
見逃せないのが「特別書き下ろし!せつこからのごあいさつ」。
ブログ(作品)の雰囲気が、簡潔に伝わってくるような、
“ご挨拶”がマンガになってましたよ♪


なお、書籍「よわむしの詩」を購入し、そこに入っている読者はがきを送ると、
オリジナルステッカーがプレゼントされるという情報です!
※締め切りは2009年1月31日消印有効


っと、ブログの魅力をお勉強したくて覗いてみた私ですが、
「参考にする」という目的を忘れて、4コママンガを純粋に
楽しみはじめてしまったMIEなのでした。

そんな、「ついつい見始めてしまう」といった、
クセになる要素が、一番の人気ヒミツなのかな??



 このブログ・やっぱり気になります! 



■記事の参考
ブログ「よわむしの詩

ブログ「よわむしの詩」
~さみしいせつこの日常~

書籍化決定!2008年11月27日、全国書店一斉発売 (1.260円・税込)
※発行 マーブルトロン/発売 中央公論新社

それに伴った特設サイトもオープン!





「このブログ私も知ってる!」
って思ったら「ポチッ☆」してって下さい!











スポンサーサイト


追記を閉じる▲
●やっぱりイラストはいいね!
自分のブログ(しゅがすぱ)と「よわむしの詩」との圧倒的な違いは、やっぱりイラストがあることですね。素朴で親しみのあるタッチによって、様々な日常が語られているのですが、「絵」で読み進めるのはとても読みやすいですし、感情などの表現も伝わりやすいの。かつ4コマ漫画的なのでサクサク読めるのも見所のひとつ。また、イラストはせつこさんが描かれているのでしょうが、これも「パソコン」というなかに、手作りのぬくもりが感じられるのも人気のひとつなのかな?よく、文字は人をあらわすなんていいますが、人柄や心が反映される「イラスト」にも当選ながら体温が宿っている感じがしますもの。


●共感できるエピソードもいいよね!
同じ子供を持つママは特に、せつこの記事にうなずくことが多いんじゃないかしら?MIEはよわむしの詩の記事の中に、たくさん「おなじだわ~」という経験を見つけることができて、ついついオバちゃん口調で「そうなのそうなの!!」って発してしまいましたよ(笑)

例えば・・・・

「せつこの次女がかぜひいた2」という記事。
これは、子供が風邪をひいたときの内容。悪戯や遊び相手にふりまわされない(子供が眠っている時間)についリラックスしてしまうという話。私も経験あるんですよね。。。チビが熱を出して、一日中寝込んでいることがあって、当然心配はするのですが、添い寝でウトウトしてしまったり、子供が眠っている間に、PCに向かってしまったり。。「早く元気になってもらいたい」と思いながらも、ちょっと息を抜いちゃったりして(うむ…)
あと、風邪をひいて、やたらと大人しい子供に「人形みたでかわいい♪」なんて、思ってしまったり。


せつこさんについて。
友達のいない孤独な35歳の主婦というせつこさん。子育てってものすごく大変で、それでいて閉鎖的なのにもかかわらず「携帯はほとんどなりません」ときた。だからなのかな、シュールな面白さがにじみでているのは。。ゲラゲラと笑わせるようなあからさまな仕掛けがあるわけでもなければ、物凄く暗い内容ばかりでもない。元気が無い人でも「クスッ」とできる。「せつこの部屋」の扉って、ものすごく入りやすいのかもしれません。敷居が低いってやっぱり人気の秘密よね?
疲れきっている人にはささやかな笑いを、
同じ境遇の人には共感できる安心を―。
今日もきっと新しい誰かが、「よわむしの詩」をクリックしているはず。




 *・゜゜・*:.。..。.:*・゜*・゜゜・* *・゜゜・*:.。..。.:*・゜*・゜゜・*

実は、そんな「よわむしの詩」が、書籍化されるようです。
※ブログ記事内にも「産みの苦しみ」をモチーフに、
ブログのテイストに沿った紹介の仕方がされていました!


『よわむしの詩』表紙
11月27日に全国書店にて一斉発売予定
(発行 マーブルトロン/発売 中央公論新社)



羨ましい限りです(^^)
ブログという枠を超え、手に触れられるカタチになるだなんて♪

ちなみに、「よわむしの詩」の発売を記念した特設サイト
オープンしているとのことで、こちらにも遊びにいってみました。

よわむしの詩 特設サイトここでは、書籍紹介やキャラクター紹介、
立ち読み的に4作品がアップされていたり、
またダウンロードなどのコンテンツもありました。
著者プロフィールを見てみたのですが、
学生時代にショートマンガ家デビューの経験があるそうで、
そこで挫折しているという点も、
むしろ著者のPRポイントになっていますね。
見逃せないのが「特別書き下ろし!せつこからのごあいさつ」。
ブログ(作品)の雰囲気が、簡潔に伝わってくるような、
“ご挨拶”がマンガになってましたよ♪


なお、書籍「よわむしの詩」を購入し、そこに入っている読者はがきを送ると、
オリジナルステッカーがプレゼントされるという情報です!
※締め切りは2009年1月31日消印有効


っと、ブログの魅力をお勉強したくて覗いてみた私ですが、
「参考にする」という目的を忘れて、4コママンガを純粋に
楽しみはじめてしまったMIEなのでした。

そんな、「ついつい見始めてしまう」といった、
クセになる要素が、一番の人気ヒミツなのかな??



 このブログ・やっぱり気になります! 



■記事の参考
ブログ「よわむしの詩

ブログ「よわむしの詩」
~さみしいせつこの日常~

書籍化決定!2008年11月27日、全国書店一斉発売 (1.260円・税込)
※発行 マーブルトロン/発売 中央公論新社

それに伴った特設サイトもオープン!





「このブログ私も知ってる!」
って思ったら「ポチッ☆」してって下さい!











スポンサーサイト

【2008/11/27 07:20】 | 気になるMONO
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。