あまい想い出、悲しい現実、自由奔放に綴ります。 筆のむくままに―
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年を漢字1文字であらわすと...?


  【 2008年を振り返り 】 



2008年も、幕を閉じようとしていますね〜。
振り返れば、この1年はものすご〜く、早かった。。。


子どもが日増しに成長することへの喜びを感じつつも、
育児奮闘に勤しんだ365日。

分刻みで、子どもが汚した部屋を掃除し…(;゚;Д;゚;;;)
子どもの斬新なイタズラに悩まされ…。゚(。ノωヽ。)゚。
殴る蹴る噛み付かれるの“ママ虐待”に耐え抜き…(゚Д゚(☆○=(`ω´*)o

そのかわり、たさんの「笑顔」という報酬を
もらっていたのですがね ( ´艸`)

っというわけで、2008年を漢字1文字であらわすと...?
それは、やっぱり・・・


↓ ↓ ↓

子

「子」のひと文字でしょうか。
 “2008年=子年” の 「子」
でもありますし。o☆*゜¨

ちなみに、↑の画像は、2008年につくった年賀状です(笑)

「子」の写真で「子」の字、作ってみました♪
※一枚、異物混入してますけどね〜(みつけられたかな?)


来年は、「楽」(らく)がいいな〜♪
いや、もしかしたら、「妊」になtったりして…!?



「年賀状の写真の中に、混入している異物発見!」って
みつけられた方は「ポチッ☆」してって下さい!



 


ちなみに、上の年賀状、別に特別なソフトとかを使ったのではなく、
エクセルでできるので、誰でもできるんですよ〜♪


○ 印象的な年賀状をつくるために ○

ただ、干支のイラストや写真を入れるだけでなく、
子どもや家族の写真をのせるだけでなく、
“ちょっとしたヒネリ”があると、印象的になりますよね。

上に紹介した2008年での“ひねり”は

☆子年の「子」と子どもの写真をかけた。
〜ちょっとインパクトあるかな〜

☆一枚、子ども以外の“探し物”を混ぜた
〜読み手に遊び心を〜

☆写真がたくさん!!
〜その1年の成長や、賑やかな様子も伝えられる〜


っと、人それぞれ表現も発想も違うでしょうが、
楽しい年賀状を作るコツとしては、
その年の「干支」から連想ゲームをしてみると、
自分なりの“オリジナル年賀状”のヒント(種)が
見つかるかもしれませんよ!!


例えば、馬年に作った年賀状なのですが・・・

私は「馬」=競馬=レース=結婚レース
って連想していったの。

その時はまだ自分が独身時代だったので、
年賀状は「寿レース」と題した、競馬の実況中継的な文章を
作って出したんですね。
「パドックにてうろうろしているA子馬」
「鼻息もあらく追撃するB子馬」
「断トツ一位と予測されていたC子馬まさかの転倒!」
(こんな感じでテンポよい文章にしたんです)
※もちろん新年の幕開け的な要素も盛り込みましたよ。

女の子のグループ別に、友達の状況とかをシナリオに反映させたんだけど、
すっごく好評だったんです!

といった具合に、一度、「新年のごあいさつ」という固定概念を外してみると、
印象的な年賀状になりやすいかもしれませんね♪

なんて、ちょっとえらそうではありますが、
これでも、周りから、「MIEちゃんの年賀状は毎年楽しい♪」
って言われているんです(^^)
※年賀状へのこだわりが“使命感”にすらなってきてる感じよ。

っというわけで、素敵かどうかはわかりませんが、
自分カラーを年賀状に出したいのであれば。。。

やっぱり
“作ることを楽しむ(ワクワクする)こと”
でしょうかね!

「自分PRのポスターをつくる気持ち」
「来年へのなりたい自分をハガキサイズに表す」
「1年のたくさんの“幸せ”を詰め込んでみる」

などなど・・・・・・・・


今、2009年の年賀状構想はまだ手をつけていないのですが、
「年賀状づくり」は「大変」と思う反面、やっぱり楽しい!!

来年の干支、牛(うし)年。
どんな風に料理しようかなぁ〜ヽ(´∀`)ノ


kazokunoki
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
ちなみに、上の年賀状、別に特別なソフトとかを使ったのではなく、
エクセルでできるので、誰でもできるんですよ〜♪


○ 印象的な年賀状をつくるために ○

ただ、干支のイラストや写真を入れるだけでなく、
子どもや家族の写真をのせるだけでなく、
“ちょっとしたヒネリ”があると、印象的になりますよね。

上に紹介した2008年での“ひねり”は

☆子年の「子」と子どもの写真をかけた。
〜ちょっとインパクトあるかな〜

☆一枚、子ども以外の“探し物”を混ぜた
〜読み手に遊び心を〜

☆写真がたくさん!!
〜その1年の成長や、賑やかな様子も伝えられる〜


っと、人それぞれ表現も発想も違うでしょうが、
楽しい年賀状を作るコツとしては、
その年の「干支」から連想ゲームをしてみると、
自分なりの“オリジナル年賀状”のヒント(種)が
見つかるかもしれませんよ!!


例えば、馬年に作った年賀状なのですが・・・

私は「馬」=競馬=レース=結婚レース
って連想していったの。

その時はまだ自分が独身時代だったので、
年賀状は「寿レース」と題した、競馬の実況中継的な文章を
作って出したんですね。
「パドックにてうろうろしているA子馬」
「鼻息もあらく追撃するB子馬」
「断トツ一位と予測されていたC子馬まさかの転倒!」
(こんな感じでテンポよい文章にしたんです)
※もちろん新年の幕開け的な要素も盛り込みましたよ。

女の子のグループ別に、友達の状況とかをシナリオに反映させたんだけど、
すっごく好評だったんです!

といった具合に、一度、「新年のごあいさつ」という固定概念を外してみると、
印象的な年賀状になりやすいかもしれませんね♪

なんて、ちょっとえらそうではありますが、
これでも、周りから、「MIEちゃんの年賀状は毎年楽しい♪」
って言われているんです(^^)
※年賀状へのこだわりが“使命感”にすらなってきてる感じよ。

っというわけで、素敵かどうかはわかりませんが、
自分カラーを年賀状に出したいのであれば。。。

やっぱり
“作ることを楽しむ(ワクワクする)こと”
でしょうかね!

「自分PRのポスターをつくる気持ち」
「来年へのなりたい自分をハガキサイズに表す」
「1年のたくさんの“幸せ”を詰め込んでみる」

などなど・・・・・・・・


今、2009年の年賀状構想はまだ手をつけていないのですが、
「年賀状づくり」は「大変」と思う反面、やっぱり楽しい!!

来年の干支、牛(うし)年。
どんな風に料理しようかなぁ〜ヽ(´∀`)ノ


kazokunoki
スポンサーサイト

【2008/12/05 08:44】 | つぶやき
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。