あまい想い出、悲しい現実、自由奔放に綴ります。 筆のむくままに―
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  【 アルマゲドン 】 


1月31日の土曜日、夜の9時からテレビ放送で
「アルマゲドン」を見ました(ブルース・ウィルス)

※地球に小惑星が接近していて、衝突してしまうと
地球が消滅(人類滅亡)してしまうという設定。
リミットまでに惑星に穴を掘り、内側に爆弾をしかけ、
破壊するために、宇宙に繰り出すという話。


これ、リアルタイムで映画館でみたことのある作品で、
すごく良かったんですね♪

それで、久々に見ても、ハラハラ・ドキドキして
内容はわかっているはずなのに、やっぱり良かったですね☆

そうそう。大詰めのシーンで、
設置する爆弾のリモート装置がダメになってしまい、
一人が小惑星に残って、スイッチONしなければ
ならなくなりましたよね。

※誰かが犠牲になって、爆破スイッチを入れる。

っで、誰がスイッチを入れるかを(命と引き換えに)
くじ引きで決めることにしたんですけど、
(緊張感あります (;`・ω・)  )

そのシーン。。。。
もし、某芸人さんたちだったら、、、


男A:「俺がヤル(`-´)/ 」 
男B:「いや、俺がヤル(`-´)/  」

男C:「いやいや、ここは俺が!(`-´)/  」

↑ ↑ ↑
男AB:「どーぞどーぞ(≧▽≦)八(≧▽≦)」俺らは助かる♪ 
男AB:「どーぞどーぞ(≧▽≦)八(≧▽≦)」俺らは助かる♪

男C:「 (゚Д゚≡゚Д゚) エッナニナニ?」


って、なるパターンかしらねぇ?
(某芸人さんたち=D倶楽部さん)


 ■□ ↓つづきはコッチ↓ □■ 

なんて、くだらないことを綴りましたが、
コレ、見た後の余韻が長くて、

つい、「自分の父親が主役の立場だったらどうするか・・・」
って、考えちゃいました。


※犠牲になるクジをひいてしまったのは、
ブルースウィルスの娘のフィアンセで、
見送りに行くふりをして、自分が残るよう
彼を強制的に宇宙船に戻したの。


これまで父の背中を見てきて、
多分、99%は、主役とおなじように、
娘のフィアンセを生きて返すと思えたの。

1%足りないのは、海で大波が来て、子どもたち(私と兄)が危なかったとき、
とっさに一人で逃げてしまったという昔話を聞いたことがあるから(笑)


でも、もしうちの母親だったら、100%そうするって、思える。
「母親の強さ」にプラスして「男的な強さ」も兼ねているうちの母・・。
※ただし、今私が結婚生活している夫の場合であり、
自分の気に入らないフィアンセの場合だったら、
高確率でその彼にヤラセル恐れが・・・・ (u_u*)冷汗

結婚するまでは、不仲な母子関係で、
今でもソリガ合わないところも多々あるけど、
これだけは100%そうするだろうなって思いました。

※そんな風に思える母親なのに、
どうしても上手く行かないんですけどね…


99%(父)にしろ100%(母)にしろ、
アットホームな家庭とはちょっと違ったのにもかかわらず、
“いざというとき”の信頼度は、高い。

両親をそんな風に思える私は、やはり幸せ者なんだと思う。
小さい頃からイロイロあったけれど、
今でもいろいろゴタゴタはあるけれど、
それでも私は、両親に感謝しなくちゃいけない。

って、つい“家族”について考えてしまいまいした。

といっても、まだまだそれをストレートに表現するには、
“親が強すぎる”んですけどね・・・(笑)

自分も一人の親となった今。

チビ:「うちのカーちゃんは真っ先に逃げるな 」 
(10年後・20年後のチビのセリフ)

なんて言われないようにしたいと思います・・。(できるか!?)



この1クリックが地球を救うかも!?
いますぐ「ポチッ☆」を!!!!


 

スポンサーサイト


追記を閉じる▲

なんて、くだらないことを綴りましたが、
コレ、見た後の余韻が長くて、

つい、「自分の父親が主役の立場だったらどうするか・・・」
って、考えちゃいました。


※犠牲になるクジをひいてしまったのは、
ブルースウィルスの娘のフィアンセで、
見送りに行くふりをして、自分が残るよう
彼を強制的に宇宙船に戻したの。


これまで父の背中を見てきて、
多分、99%は、主役とおなじように、
娘のフィアンセを生きて返すと思えたの。

1%足りないのは、海で大波が来て、子どもたち(私と兄)が危なかったとき、
とっさに一人で逃げてしまったという昔話を聞いたことがあるから(笑)


でも、もしうちの母親だったら、100%そうするって、思える。
「母親の強さ」にプラスして「男的な強さ」も兼ねているうちの母・・。
※ただし、今私が結婚生活している夫の場合であり、
自分の気に入らないフィアンセの場合だったら、
高確率でその彼にヤラセル恐れが・・・・ (u_u*)冷汗

結婚するまでは、不仲な母子関係で、
今でもソリガ合わないところも多々あるけど、
これだけは100%そうするだろうなって思いました。

※そんな風に思える母親なのに、
どうしても上手く行かないんですけどね…


99%(父)にしろ100%(母)にしろ、
アットホームな家庭とはちょっと違ったのにもかかわらず、
“いざというとき”の信頼度は、高い。

両親をそんな風に思える私は、やはり幸せ者なんだと思う。
小さい頃からイロイロあったけれど、
今でもいろいろゴタゴタはあるけれど、
それでも私は、両親に感謝しなくちゃいけない。

って、つい“家族”について考えてしまいまいした。

といっても、まだまだそれをストレートに表現するには、
“親が強すぎる”んですけどね・・・(笑)

自分も一人の親となった今。

チビ:「うちのカーちゃんは真っ先に逃げるな 」 
(10年後・20年後のチビのセリフ)

なんて言われないようにしたいと思います・・。(できるか!?)



この1クリックが地球を救うかも!?
いますぐ「ポチッ☆」を!!!!


 

スポンサーサイト

【2009/02/02 07:40】 | つぶやき
トラックバック(0) |


エース
Don't wanna close my eyes♪
 Don't wanna fall asleep 'Coz I'd miss you baby♪
  And I don't wanna miss a thing♪

D倶楽部ねぇ、完全に確定でしょう!(爆笑)

アルマゲドン面白いですよねぇ、最後のシーンは
キテます ヨカターヨ・゚・(ノД`)・゚・
しかも俺は仲間とかチームとかの設定に異常に弱いです(笑)

他人から見ると犠牲と思われても、自分の中では犠牲では
なければどうでも良いんですよね。
そう思える関係がきっとMIEさんの家族には有るんじゃない
でしょうか^^。

こんな設定での決断…無いでしょうけど。
「する」って言える、「するだろう」って思えるって既に凄いと
思いますよ^^。



Re: タイトルなし
★エースさんへ
おっと!いきなり挿入歌で登場!!
私はこの曲にのって、
まだみぬエースさんが、格闘のリングに向かう姿が、
なぜか脳裏に浮かんでしまいました(笑)

あの、クライマックス。
娘と通信で最後の会話を交わすシーン。
目頭がギシギシしちゃいましたよ。
映画館で見たときも泣かなかったのですが、
今回もギリギリで涙は出なかったのですが、
最近、涙腺が弱いらしく、
映画館でみたときよりも、泣きそう率が高かったかも。

だって私、たまに「金八先生」とか見て、
なんかしらないけど、泣いたことあるんですよ。
妊娠前は絶対にありえないんですけどね〜。

※あたたかいコメントありがとうございました

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
Don't wanna close my eyes♪
 Don't wanna fall asleep 'Coz I'd miss you baby♪
  And I don't wanna miss a thing♪

D倶楽部ねぇ、完全に確定でしょう!(爆笑)

アルマゲドン面白いですよねぇ、最後のシーンは
キテます ヨカターヨ・゚・(ノД`)・゚・
しかも俺は仲間とかチームとかの設定に異常に弱いです(笑)

他人から見ると犠牲と思われても、自分の中では犠牲では
なければどうでも良いんですよね。
そう思える関係がきっとMIEさんの家族には有るんじゃない
でしょうか^^。

こんな設定での決断…無いでしょうけど。
「する」って言える、「するだろう」って思えるって既に凄いと
思いますよ^^。

2009/02/02(Mon) 10:31 | URL  | エース #C1LR4eSA[ 編集]
Re: タイトルなし
おっと!いきなり挿入歌で登場!!
私はこの曲にのって、
まだみぬエースさんが、格闘のリングに向かう姿が、
なぜか脳裏に浮かんでしまいました(笑)

あの、クライマックス。
娘と通信で最後の会話を交わすシーン。
目頭がギシギシしちゃいましたよ。
映画館で見たときも泣かなかったのですが、
今回もギリギリで涙は出なかったのですが、
最近、涙腺が弱いらしく、
映画館でみたときよりも、泣きそう率が高かったかも。

だって私、たまに「金八先生」とか見て、
なんかしらないけど、泣いたことあるんですよ。
妊娠前は絶対にありえないんですけどね〜。

※あたたかいコメントありがとうございました
2009/02/03(Tue) 00:54 | URL  | ★エースさんへ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。