あまい想い出、悲しい現実、自由奔放に綴ります。 筆のむくままに―
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



妻となり、母となり、すっかりこの「育児ママライフ」に
どっぷりつかっている私。

年を追うごとにファッションへのこだわりも失せ、
夫には、どんどん女を“捨ててきてる”
なんて思われているようです(笑)

そんな具合で、生きた時間が長くなるごとに、
“捨てたもの”
(フェロモンとかプライドとかか!?)

が多くなったように思えるのに、

一方では・・・

“捨てられない物”
(衣類とか思い出の品とか・・)

が増えてきた気がするのは、私だけでしょうか・・・?

これから、新しい家が建つ予定なので、
新居への引っ越しに向けて、
捨てるものの整理をしなければならないの(u_u*)


っというわけで、まずは

「捨てられない物リスト」
を作ってみました!


引越し準備をはじめたとき、捨てるか否か迷ったとしても、
このブログリストを見て、「これは捨てる!」って、
意思を硬く持てるように、しておこうかしらね・・・

●はけなくなったデニムたち・・
いつか独身時代サイズに戻るかもしれないと、儚い(穿かない?)夢を描き続けつつ、常にタンスの奥底に眠っているだけのデニムたち。これ、衣替えのたびに捨てようって思うのに、どうしても捨てられないんですよね。「いつか痩せるかも?」なんて淡い期待はもうしてないのですが、ついつい“リメイクしてチビのお洋服を作るかも!”って、やりもしないことを考えてみたりするから、一向に捨てられないまま・・・・

【引越し準備中であろう3か月後の私へ―】
「もうこのデニム、あんたには履けないわよ!」
「今、子供服にリメイクしようなんて思ったでしょ?
 絶対やりっこないんだから、すっきり捨てておしまい(喝ッ!)」




●出番が失せたスカートさんたち・・
子育てをしていると、スカートってすごく不便。追いかけまわしたり、体を使った遊び相手をするには、スカートだと疲れるんです。それに公園とか砂場でチョコンとしゃがむことも多々あるからね・・・。っというわけで、もう何年もスカートなんてはいてないんじゃないかな?育児がひと段落したら履くかもなんて思っていたけど、その頃にはもっているデザインは化石みたいになっちゃってるだろうし。。

【引越し準備中であろう3か月後の私へ―】
「過去の栄光のスカートメモリーに、いつまでもしがみつくべからず!」
「3年以上も着てないんだから、今度こそお捨てなさい!」
「捨てるのがもったいないなら、フリマでお嫁に出しなさい!」




●表彰・メダル・トロフィー
卒業少々から部活動でもらったトロフィーやメダル。別に飾るわけでもないのに、捨てられない・・。しかも、夫は私以上にスポーツに真剣だったので、彼の表彰関係は絶対に捨てられない。二人揃って衣装ケース2個分あるんだけど、新居に移っても、間違いなく飾らないであろう品。でもやっぱり、捨てられないわよね!

【引越し準備中であろう3か月後の私へ―】
「捨てたら二度と見られないんだから、想い出、残しておきましょう!」
「自分と夫おの分の2つのケースをひとつにまとめなさいな!」




●過去恋の写真たち・・
夫の“過去の恋アルバム”は、どうやら彼が無事に捨てたらしいんですけど、私の方はまだ実家に残っているの。見返すなんて気持ちにもならず、焼却してしまいたいんだけど、写真だし、処分方法がみあたらなくて・・・。シュレッターにかけるのは気が引けるし、ゴミの日に、そのまま出すにも嫌だしね。。。

【引越し準備中であろう3か月後の私へ―】
「方法なんて気にせずお捨てなさい!ずっと無駄に残ったままになるわよ!」
「恋の思い出は形あるものでなく、胸の中だけに保管する方が安全よ!!」




●夫専用のDVDは・・
夫の衣装ケースの奥に、「あ~んッ☆」なDVDと雑誌が少々入れてあるんです。最初は隠してたらしいけど、お洗濯をしまう際にあっという間に妻発見!だって、目隠し的な箱にもいれず、むきだしで詰め込んであるんですもの(^^)ちなみ私はこの衣装ケースを、「宝箱」と呼んでいるんですが、ささやかな楽しみかもしれないし、捨てろだなんて言えませんよね(笑)。これからチビが大きくなるし、引越しを機に、なるべく目につかないような収納方法を考えてあげようかと思います。

【引越し準備中であろう3か月後の私へ―】
「DVDはきちんとBOXに収納すべし!」
「本は、一応ブックカバーをして、これまた箱に詰めるべし!!」
※でも、パッケージを隠したら、逆に夫が「そんなことされるぐらいなら捨てるよ・・」って言い出しそう。



●夫の着ない衣類・・
洋服の整理をしているとき、「これはもう着ないであろう昔デザインのコート」があったので、捨てようとすると、夫にストップかけられたんですね。高校時代にお母さんからプレゼントしてもらった想い出の品とのこと・・・。でも、コートってがさばるし、しかもこのアイテムモコモコしてて分厚いし、捨てたくないのはわかるんだけど、置場に困るのよねぇ~。。。

【引越し準備中であろう3か月後の私へ―】
「在ることも無いことも気づかないから捨てちゃえば!?」
「でも、捨てるなと言われたものだから、とっておいた方がいいわよ~」
「天使と悪魔が戦った結果、圧縮袋などでコンパクトにして、収納する路線でどうでしょう?」




●でも、コレは捨てずに残す!~夫の子ども時代のセーター~
DSC04172.jpg夫が小さい頃に着ていたセーターが出てきたんです。お義母さんが、大切に保管してくれていたので、良い状態で残っていたの。昭和の香りがむんむんするセーターなんだけど、“夫が小さい頃に着てた”ということもあって、うちのチビ(男)にも着せてみたんです!さすがにお出かけ着にはしないけど、寝像が悪くて布団をはいでしまうチビの“お布団代わりの一枚”にしてみました♪(サイズが120とたっぷりなので、毛布感覚で着用させてます)。多分、来年にはチビもこのセーターが小さくなってるけど、親子2代で使ったセーターは、私もきれいに保存しておこうと思います!!



【引越し準備中であろう3か月後の私へ―】
「せっかく2代続いたから、またきちんと保管すべし!」
「虫や衣類の傷みがないように、収納のアイテムチェックをすべし!」




●日記・手帳
高校時代から使っている手帳。ここにはスケジュールや、日々のプチ日記なんかが書かれていて、毎年1冊ずつ増えていっていたの。なんとなく自分の心の記録だから捨てなかったけど、正直言って、「もう捨てたい!」。未だに実家に置いてあるけど、今私が不慮の事故にあったとしたら、ほんとにコレだけは誰にもみせたくない。しかも、日記に関しては、さらに個人的感情が押しこんである紙。私は活字を書くことによって、気持ちをセーブしたり、ストレス解消できたりするタチなので、恋愛についてつづられた日記については、今、自分で読み返しても恥ずかしい(><)ただね、“捨てられない”理由があるの。それは、「いつか創作につかえないか?」っということ。小説などを書きたいと思っているので、二度と呼び戻せない“10代や独身時代のリアルな言葉”が並んだ日記って、ある意味、ネタの宝庫。コレ、絶対に誰にも見せたくないけど、まだまだ捨てられなさそう・・・

【引越し準備中であろう3か月後の私へ―】
「絶対に自分以外の人に見られないような保管を検討せよ!」
「自問自答の末、残すのであれば、それをネタに絶対に小説の1作でも書くべし!」



っというわけで、サラりと思いついた「捨てられない」は8種でしたが、
結局、8つのうち、“捨てるわよ!”っと、
3か月後の自分に宛てて断言できたのは、3種類だけ・・・

これからも、もっと“捨てられないもの”って出てくるでしょうけど、
なるべく、「物は増やさず、胸に刻む想い出を増やす」といった
“エコ”な自分であれたら、
新居もすっきりとした雰囲気を保てるんじゃないかなって。

あとは、脳みそをフル回転させて、収納に励む!
物が増えても、ゴチャゴチャさせず、上手に片付ければ、
OKですものね♪

あ・・・、ついでに言うなら、
不満とか、ストレスとかも、表に出さず、自分の負担にならないように、
“上手に(心に)収納できたら、いいかも―☆”


★ 本日の一句 ★

「 主婦の性 女は捨てど 物捨てぬ・・・」


※女性であることを捨てていたとしても、
“もの”が捨てれないのは、どうしてでしょう・・




“旦那様”を捨てなければいいんじゃない?
いや、旦那さまに“捨てられなければ”いいのでは?
っという方は「ポチッ☆」してって下さい!


 


新生活応援!ファンブロガーさん300人突破御礼!タイムセール実施中!

新生活応援!どうしても捨てられないものありますか?
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
●はけなくなったデニムたち・・
いつか独身時代サイズに戻るかもしれないと、儚い(穿かない?)夢を描き続けつつ、常にタンスの奥底に眠っているだけのデニムたち。これ、衣替えのたびに捨てようって思うのに、どうしても捨てられないんですよね。「いつか痩せるかも?」なんて淡い期待はもうしてないのですが、ついつい“リメイクしてチビのお洋服を作るかも!”って、やりもしないことを考えてみたりするから、一向に捨てられないまま・・・・

【引越し準備中であろう3か月後の私へ―】
「もうこのデニム、あんたには履けないわよ!」
「今、子供服にリメイクしようなんて思ったでしょ?
 絶対やりっこないんだから、すっきり捨てておしまい(喝ッ!)」




●出番が失せたスカートさんたち・・
子育てをしていると、スカートってすごく不便。追いかけまわしたり、体を使った遊び相手をするには、スカートだと疲れるんです。それに公園とか砂場でチョコンとしゃがむことも多々あるからね・・・。っというわけで、もう何年もスカートなんてはいてないんじゃないかな?育児がひと段落したら履くかもなんて思っていたけど、その頃にはもっているデザインは化石みたいになっちゃってるだろうし。。

【引越し準備中であろう3か月後の私へ―】
「過去の栄光のスカートメモリーに、いつまでもしがみつくべからず!」
「3年以上も着てないんだから、今度こそお捨てなさい!」
「捨てるのがもったいないなら、フリマでお嫁に出しなさい!」




●表彰・メダル・トロフィー
卒業少々から部活動でもらったトロフィーやメダル。別に飾るわけでもないのに、捨てられない・・。しかも、夫は私以上にスポーツに真剣だったので、彼の表彰関係は絶対に捨てられない。二人揃って衣装ケース2個分あるんだけど、新居に移っても、間違いなく飾らないであろう品。でもやっぱり、捨てられないわよね!

【引越し準備中であろう3か月後の私へ―】
「捨てたら二度と見られないんだから、想い出、残しておきましょう!」
「自分と夫おの分の2つのケースをひとつにまとめなさいな!」




●過去恋の写真たち・・
夫の“過去の恋アルバム”は、どうやら彼が無事に捨てたらしいんですけど、私の方はまだ実家に残っているの。見返すなんて気持ちにもならず、焼却してしまいたいんだけど、写真だし、処分方法がみあたらなくて・・・。シュレッターにかけるのは気が引けるし、ゴミの日に、そのまま出すにも嫌だしね。。。

【引越し準備中であろう3か月後の私へ―】
「方法なんて気にせずお捨てなさい!ずっと無駄に残ったままになるわよ!」
「恋の思い出は形あるものでなく、胸の中だけに保管する方が安全よ!!」




●夫専用のDVDは・・
夫の衣装ケースの奥に、「あ~んッ☆」なDVDと雑誌が少々入れてあるんです。最初は隠してたらしいけど、お洗濯をしまう際にあっという間に妻発見!だって、目隠し的な箱にもいれず、むきだしで詰め込んであるんですもの(^^)ちなみ私はこの衣装ケースを、「宝箱」と呼んでいるんですが、ささやかな楽しみかもしれないし、捨てろだなんて言えませんよね(笑)。これからチビが大きくなるし、引越しを機に、なるべく目につかないような収納方法を考えてあげようかと思います。

【引越し準備中であろう3か月後の私へ―】
「DVDはきちんとBOXに収納すべし!」
「本は、一応ブックカバーをして、これまた箱に詰めるべし!!」
※でも、パッケージを隠したら、逆に夫が「そんなことされるぐらいなら捨てるよ・・」って言い出しそう。



●夫の着ない衣類・・
洋服の整理をしているとき、「これはもう着ないであろう昔デザインのコート」があったので、捨てようとすると、夫にストップかけられたんですね。高校時代にお母さんからプレゼントしてもらった想い出の品とのこと・・・。でも、コートってがさばるし、しかもこのアイテムモコモコしてて分厚いし、捨てたくないのはわかるんだけど、置場に困るのよねぇ~。。。

【引越し準備中であろう3か月後の私へ―】
「在ることも無いことも気づかないから捨てちゃえば!?」
「でも、捨てるなと言われたものだから、とっておいた方がいいわよ~」
「天使と悪魔が戦った結果、圧縮袋などでコンパクトにして、収納する路線でどうでしょう?」




●でも、コレは捨てずに残す!~夫の子ども時代のセーター~
DSC04172.jpg夫が小さい頃に着ていたセーターが出てきたんです。お義母さんが、大切に保管してくれていたので、良い状態で残っていたの。昭和の香りがむんむんするセーターなんだけど、“夫が小さい頃に着てた”ということもあって、うちのチビ(男)にも着せてみたんです!さすがにお出かけ着にはしないけど、寝像が悪くて布団をはいでしまうチビの“お布団代わりの一枚”にしてみました♪(サイズが120とたっぷりなので、毛布感覚で着用させてます)。多分、来年にはチビもこのセーターが小さくなってるけど、親子2代で使ったセーターは、私もきれいに保存しておこうと思います!!



【引越し準備中であろう3か月後の私へ―】
「せっかく2代続いたから、またきちんと保管すべし!」
「虫や衣類の傷みがないように、収納のアイテムチェックをすべし!」




●日記・手帳
高校時代から使っている手帳。ここにはスケジュールや、日々のプチ日記なんかが書かれていて、毎年1冊ずつ増えていっていたの。なんとなく自分の心の記録だから捨てなかったけど、正直言って、「もう捨てたい!」。未だに実家に置いてあるけど、今私が不慮の事故にあったとしたら、ほんとにコレだけは誰にもみせたくない。しかも、日記に関しては、さらに個人的感情が押しこんである紙。私は活字を書くことによって、気持ちをセーブしたり、ストレス解消できたりするタチなので、恋愛についてつづられた日記については、今、自分で読み返しても恥ずかしい(><)ただね、“捨てられない”理由があるの。それは、「いつか創作につかえないか?」っということ。小説などを書きたいと思っているので、二度と呼び戻せない“10代や独身時代のリアルな言葉”が並んだ日記って、ある意味、ネタの宝庫。コレ、絶対に誰にも見せたくないけど、まだまだ捨てられなさそう・・・

【引越し準備中であろう3か月後の私へ―】
「絶対に自分以外の人に見られないような保管を検討せよ!」
「自問自答の末、残すのであれば、それをネタに絶対に小説の1作でも書くべし!」



っというわけで、サラりと思いついた「捨てられない」は8種でしたが、
結局、8つのうち、“捨てるわよ!”っと、
3か月後の自分に宛てて断言できたのは、3種類だけ・・・

これからも、もっと“捨てられないもの”って出てくるでしょうけど、
なるべく、「物は増やさず、胸に刻む想い出を増やす」といった
“エコ”な自分であれたら、
新居もすっきりとした雰囲気を保てるんじゃないかなって。

あとは、脳みそをフル回転させて、収納に励む!
物が増えても、ゴチャゴチャさせず、上手に片付ければ、
OKですものね♪

あ・・・、ついでに言うなら、
不満とか、ストレスとかも、表に出さず、自分の負担にならないように、
“上手に(心に)収納できたら、いいかも―☆”


★ 本日の一句 ★

「 主婦の性 女は捨てど 物捨てぬ・・・」


※女性であることを捨てていたとしても、
“もの”が捨てれないのは、どうしてでしょう・・




“旦那様”を捨てなければいいんじゃない?
いや、旦那さまに“捨てられなければ”いいのでは?
っという方は「ポチッ☆」してって下さい!


 


新生活応援!ファンブロガーさん300人突破御礼!タイムセール実施中!

新生活応援!どうしても捨てられないものありますか?
スポンサーサイト

【2009/02/26 02:40】 | つぶやき
トラックバック(0) |


☆あやめ☆
こんばんは〜♪

捨てられない物、私もいっぱいあります。
「日記・手帳」は一緒ですよ!
捨てられない理由も(笑)

私も恋愛や仕事、進路のことなど、
何か思い悩むと、必ず日記やノートに書き込んでいたし、
感動した映画、本、スポーツの試合のことなんかも、
誰が読むわけでもないのに、
いつも記してきたんですよね。

この前お掃除をしていて、
久しぶりに目を通しましたが、
すっごく恥ずかしかった(´∀`;●)

でもやっぱり捨てられませんね。
私が亡くなった時に、
棺に入れてもらおうと思ってます(;´Д`A ```

Re: タイトルなし
★あやめさんへ
何年越しかに手帳とかみると、
変な汗がでるほど恥ずかしくなりますよね。

これらを残して旅立てないので、
心残りがないよう、
せめて10年以内には捨てようって思ってます。。。

それまでに、創作のタネとして
活用できる時間がもてたら、いいんだけど・・・
無理かな〜、、




コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
こんばんは〜♪

捨てられない物、私もいっぱいあります。
「日記・手帳」は一緒ですよ!
捨てられない理由も(笑)

私も恋愛や仕事、進路のことなど、
何か思い悩むと、必ず日記やノートに書き込んでいたし、
感動した映画、本、スポーツの試合のことなんかも、
誰が読むわけでもないのに、
いつも記してきたんですよね。

この前お掃除をしていて、
久しぶりに目を通しましたが、
すっごく恥ずかしかった(´∀`;●)

でもやっぱり捨てられませんね。
私が亡くなった時に、
棺に入れてもらおうと思ってます(;´Д`A ```
2009/02/27(Fri) 01:14 | URL  | ☆あやめ☆ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
何年越しかに手帳とかみると、
変な汗がでるほど恥ずかしくなりますよね。

これらを残して旅立てないので、
心残りがないよう、
せめて10年以内には捨てようって思ってます。。。

それまでに、創作のタネとして
活用できる時間がもてたら、いいんだけど・・・
無理かな〜、、


2009/02/27(Fri) 07:04 | URL  | ★あやめさんへ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。