あまい想い出、悲しい現実、自由奔放に綴ります。 筆のむくままに―
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  【 ひなまつり 】 


それは3月2日の晩のこと。

夫:「明日はひなまつりだね!お祝しなくちゃ!!」
( スクッと立ち上がり、ニコニコする夫( ´艸`) )

MIE:「え?どこの誰のお祝い(--)?  」
( 夫の言葉にピンとこない妻)

そう、うちのチビ(2歳7か月)は、男の子。

妻である私が女ということは、
当然夫は、まぎれもなく男性であり、
“ひなまつり”をするような環境ではない・・・

夫:「MIEのだよ(*-∀-*) !」
(15年前ぐらいまでは“女の子”だった私のひなまつりだと言う)

そんな会話を交わした翌日、3月3日の夜。

これといって何も用意しなかったいつもの食卓を囲み、
食べ終えた夫は・・・

夫:「今日はひなまつりだったね(・ー・)?」
(前日に引き続き、“ひなまつり”にこだわる夫)

夫:「ケーキも用意しなかったけど( ̄ー ̄)」
(お小遣いが空の時期なので、自腹でケーキを買えなかった…)

そうか。

夫は、“ひなまつり”に便乗して
ケーキが食べたかったのか。


そういえば、ケーキを買いたいというときって、
変な理由をつけては、おねだりしてたっけ。

※「今日は久々に晴れたから記念にケーキ買おう!」とか、
「風邪が治った祝にケーキ買おう!」とか、
ひどいときは
「俺の誕生日だから(本当は全く違うのに・・)買おう!」とか・・
(夫いわく、毎日が自分の誕生日らしい・笑)


そう言われたら、たいていケーキを買ってあげる妻なのに、
夫が「ケーキ買いたい!」って言わなかったのは、
節約強化月間で、しかも給料日前だったからかもしれません。
(これで買ったら、ひと月に2個目の“ホールケーキ”だったし・・)



★ 本日の一句 ★

「桃節句 夫の狙いは “ケーキ祭”  」


※女の子も、30を過ぎると、
“ひなまつり”のダシに使われるようです。




“出汁”でも味がでるならまだマシよ!
って方は「ポチッ☆」してって下さい!


 
スポンサーサイト

【2009/03/05 10:00】 | 日記DE川柳
トラックバック(1) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
お食い初め(百日の祝い)、節句、ひな祭り、合格祝い、敬老の日などお祝い事に【送料無料】祝い膳セット(天然鯛・穴子・はまぐり300g(10個前後)・このしろの酢漬け・かまぼこ・御祝いの飾り・かご・敷き紙付き♪)商品価格:4,500円レビュー平均:4.86ひなまつり点心
2009/03/05(Thu) 14:12:04 |  インスタントなニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。