あまい想い出、悲しい現実、自由奔放に綴ります。 筆のむくままに―
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もう3月も終わりに近づいています。


きっと子供たちは、4月からの入学や進級で、
胸を弾ませているんでしょうね~ ( ´艸`).。

でも、心穏やかな春休みが開けて、
突然、生活に大きな変化が起きると、
元気印の子供たちでも、本人の知らないところに・・

“疲れ”って出てきてるかもしれませんよね(u_u*)

「GWはどこかに連れてってあげたいな!」
って、考えてるパパやママ、いるんじゃないかしら?

っというより、むしろ、順応しずらい大人の方が
新生活の準備やら変化に戸惑っているかも・・(笑) 


5月病ならぬ、この“4月病”を、
GWで吹き飛ばしたいですよね!?



そこで、今回おススメするのが、
私が去年の夏休みに行ったレジャースポット。

------------ こんな人におススメ ------------

・子どもの喜ぶ顔は見たいけど、自分(大人)も楽しみたい!

・上の子供が小学生とかで、下の子供がまだ幼児

・赤ちゃん連れでもレジャー気分がしたい!

---------------------------------------------


そこはどこかというと・・・

DSC03505.jpg 

 ■□ ↓つづきはコッチ↓ □■ 


2008年の夏休みに行った・・・

「  軽井沢おもちゃ王国 」
~ まさに子どものパラダイス☆~



DSC03526.jpg昨年の夫の夏休み、子供が2歳になる寸前に、「軽井沢おもちゃ王国」へ行ってきました。それまで、いくつかの遊園地系に連れていったのですが、子供がまだ乗り物に乗ることができない年齢なので、大人もそこまで楽しめる場所ではなかったのです。ここは、雑誌で目にしたり、テレビCMで知ってはいた場所なのですが、HPで情報収集してみると、本当に小さい子供でも乗り物に乗れそうだったのヽ(○´w`)ノ



■小さい子でも乗り物に乗れるってすごい☆
「軽井沢おもちゃ王国」のアトラクションは、保護者(15歳以上)の付添があれば、乗り物にのることができるの!スリルのある乗り物って、一般的に身長制限があったりするでしょ?だから、今まではまだ1歳のチビは眺めてるだけで、親も当然、乗ることができない(私たち夫婦は乗り物系はそこまで好まないんですけどね・笑)
実際に、約2歳児と一緒にトライしたアトラクションを、紹介しておきますね!

●「ドラゴンコースター」
スピード感のあるコースター。乗り物が得意でない私たち夫婦的には「このぐらいで充分」っと思えるスリル感でした。ちなみに、チビはというと、固まってました(笑)。2周目が終わるぐらいには、ちょっと泣きだしそうになってっけ(笑)でも、絶叫系が得意でないパパママは、これで十分遊園地気分を満喫しちゃいました!

●「リンドバーグ」
飛行機のオブジェに乗って、グルグルと回転するというアトラクション。年齢によって、足の出るタイプの飛行機と、ボックスになっている飛行機に案内されます。意外にスピード感があるので、小さい子供は、これに似た「てんとう虫」の方がいいかも♪

●「レッツゴートーマス&レッツゴーパーシー」

DSC03512.jpg大人気の機関車トーマスとパーシーにのって、ミニパークを走るというもの。「トーマス」と「パーシー」、それぞれの乗車希望で並ぶ列が分かれています。ちなみにチビは、このアトラクションが一番気に入ったらしく、降りるときは「まだーーー!」って、ちょっと泣いてました。結局は、並びなおして、両方乗ったんですけどね(笑)



●「チューチュートレイン」
カラフルな汽車に乗って、おもちゃ王国を冒険!「軽井沢おもちゃ王国」って、アトラクションのほか、「みずのひろば」といった自然で遊べるスポットもあって、すっごく広いのですが、「チューチュートレイン」は、まるでそれらを“見物”できるかのように、本当に一周コースなんです!!どんなところがあるのかを、これに乗ってチェックするもよし!歩き疲れの休みのひとときにするもよし!大興奮の合間に、ぜひ取り入れたいアトラクションメニューかも♪

●「パノラマゴンドラ」
DSC03533.jpgおもちゃ王国のみならず、軽井沢の自然をも、悠々と眺めることができる。実は、ゴンドラの中で1台だけ(確か)、すべて透明な「ゴンドラ」があるんです。屋根も壁も、足元も、オールスケルトン!!DSC03530.jpg予約する人もいるみたいですが、私たちが行ったとき、たまたまこのスケルトンゴンドラにBIMGOしたので、ありがたく乗らせてもらいました!!
観覧車など、高いところがチョット怖いらしい夫は「チビぃ~。揺らすなよぉ~」っと、子供が動くたびに、抱きしめて(はがいじめ?)してましたよ。そんなビビり虫の夫を見たチビは超ご機嫌でした。


このほか、高さ65mの「観覧車」や、中学生以上が運転可能な「ゴーカート」、空中自転車に「メリーゴーランド」、「トランポリン」、コーヒーカップ感覚の「ちびっこ宝島」などがあります。
ゴーカートとトランポリンは絶対行きたい(やらせてあげたい)と思っていたのですが、はしゃぎすぎたチビがねむくなってきてしまったの。よって、すべてのアトラクションにトライすることはできなかったのですが、それでも、子供と親ともに、大満足な時間を過ごせました。



■おもちゃの展示パビリオン
DSC03514.jpgダイヤブロックやアンパンマン、シルバニアファミリーなど、子どもたちが大好きなオモチャがたくさん置いてある室内があるんです。シリーズごとに、スペースが区分けされていて、ここでは自由にオモチャで遊ぶことができるんですよ♪ちなみに、うちのチビが一番「帰りたくないモード」になっていたのは、「トミカのプラレール」。無表情でよだれ流して興奮しまくってました(笑)
※ちなみに、各展示パビリオンは、遊園地疲れしやすい大人にとって、良い休憩場所となります。夢中に遊び続ける子どもをエンドレスで見守るのはチョット退屈かもしれませんけど(笑)でも、うちの場合は真夏に行ったので、パパママ的にはちょっと炎天下から解放される時間はありがたかったかな。また子供も遊びながらも、太陽を浴びた肌をクールダウンさせられるしね!


■キャラクターがあつまるイベントも♪
DSC03522.jpgシーズンや期間によって、内容はいろいろなようですが、入口付近にある「イベント広場」では、うたや踊りといった楽しいイベントが行われています!一日に数回、異なった内容で予定されてるっぽいのですが、私たちが行ったのは「王様と仲間たちと遊ぼう」。ここには、王様をはじめとした、王国のキャラクターがたくさん集合して、ダンス☆うちのチビは、大喜びでずっとジャンプし続けてました!なお、イベントの最後にはキャラクターたちと写真がとれる撮影会もあるんですよ!




■その他
アトラクションやパビリオン以外の自然ゾーンには、「水遊びのできる広場」や「動物ひろば」「フラワーガーデン」「渓流釣り」「手作り工房」「パターゴルフ」と、たくさんの遊べる場所があるのです。小さい子供も楽しめると同時に、おとなも一緒にエンジョイできる内容が盛りだくさん♪
正直言って、これを全部楽しもうというなら、一日ではチョット無謀すぎるかも(笑)隣接した「ホテルグリーンぷらざ軽井沢」を利用して、「アトラクション&パビリオン」の1日と、自然で遊ぶ1日にわけ、前後編で楽しむといった過ごし方も有りかもしれません♪


■感想
小さな子連れで行った中で、今まででダントツに良かった!子供が乗り物にのれることもそうなんですけど、親が一緒に楽しめるというのは大きい!!私は夏休み期間に行ったのですが、他の遊園地と比較すると空いていたんですね。“並ぶ”というストレスがそこまでなかったのも嬉しい。ただ、人の数としては少なくはないので、午後になってくるとアトラクション関係は、やっぱりチョットは並ぶんですね。訪れた際には、開園直後の入場を狙い、人気アトラクションから攻めるのがおすすめかもです。
ちなみに、うちの子供は1歳だったので無料入園だったのですが、無料でここまで充実しているスポットはあまりないんじゃないかな?っというのが喜びの本音。兄弟がいて、下の子がまだ小さかったりするファミリーには、遊びやすいパラダイス的な王国だと思います!!


■補足

「道路渋滞について」
夏休みど真ん中だったのに、運がよかったのか神奈川県から(朝方に出発)向かい、ほぼ渋滞はありませんでした。(あくまでも私の経験での話ですけど)

「ホテルグリーンプラザ」
実は、軽井沢行きを決めたのは出発前日。その時点でホテルグリーンプラザの空き状況はあと2部屋ぐらい。今から予約しておけば間に合うかもしれませんし、また「おもちゃ王国」とのお得なプランもあるようです

「王国と一緒に“旅”スケジュール」
軽井沢という立地条件から、他にいろいろと観光できるスポットがありますよね。ショッピングが好きなママだったらアウトレットに立ち寄るというのもOK!“家族それぞれの楽しみ”を盛り込んだ、GWの旅行にぴったりかもです!


■軽井沢おもちゃ王国  
  入園料:大人1.000円 小学生800円 
  2歳~小学生未満600円 ※1歳0歳は無料
  「ドリームチケット」  (渓流釣り・パターゴルフ以外載り放題)
  大人2.800円 学生2.400円   2歳~小学生未満2.000円
  ※ドリームチケット以外での乗り物:ほぼ200円~700円
  駐車場:無料  


◎参考までに:「おもちゃ王国」は、各地にあります。
(東京・群馬・兵庫・愛知・岡山・香川・大分)
内容は場所によって異なると思いますので、
公式HPによってチェックしてみてください♪

【ディズニーパスポートが当る】ゴールデンウィークおすすめスポット大募集! ←参加中

スポンサーサイト


追記を閉じる▲


2008年の夏休みに行った・・・

「  軽井沢おもちゃ王国 」
~ まさに子どものパラダイス☆~



DSC03526.jpg昨年の夫の夏休み、子供が2歳になる寸前に、「軽井沢おもちゃ王国」へ行ってきました。それまで、いくつかの遊園地系に連れていったのですが、子供がまだ乗り物に乗ることができない年齢なので、大人もそこまで楽しめる場所ではなかったのです。ここは、雑誌で目にしたり、テレビCMで知ってはいた場所なのですが、HPで情報収集してみると、本当に小さい子供でも乗り物に乗れそうだったのヽ(○´w`)ノ



■小さい子でも乗り物に乗れるってすごい☆
「軽井沢おもちゃ王国」のアトラクションは、保護者(15歳以上)の付添があれば、乗り物にのることができるの!スリルのある乗り物って、一般的に身長制限があったりするでしょ?だから、今まではまだ1歳のチビは眺めてるだけで、親も当然、乗ることができない(私たち夫婦は乗り物系はそこまで好まないんですけどね・笑)
実際に、約2歳児と一緒にトライしたアトラクションを、紹介しておきますね!

●「ドラゴンコースター」
スピード感のあるコースター。乗り物が得意でない私たち夫婦的には「このぐらいで充分」っと思えるスリル感でした。ちなみに、チビはというと、固まってました(笑)。2周目が終わるぐらいには、ちょっと泣きだしそうになってっけ(笑)でも、絶叫系が得意でないパパママは、これで十分遊園地気分を満喫しちゃいました!

●「リンドバーグ」
飛行機のオブジェに乗って、グルグルと回転するというアトラクション。年齢によって、足の出るタイプの飛行機と、ボックスになっている飛行機に案内されます。意外にスピード感があるので、小さい子供は、これに似た「てんとう虫」の方がいいかも♪

●「レッツゴートーマス&レッツゴーパーシー」

DSC03512.jpg大人気の機関車トーマスとパーシーにのって、ミニパークを走るというもの。「トーマス」と「パーシー」、それぞれの乗車希望で並ぶ列が分かれています。ちなみにチビは、このアトラクションが一番気に入ったらしく、降りるときは「まだーーー!」って、ちょっと泣いてました。結局は、並びなおして、両方乗ったんですけどね(笑)



●「チューチュートレイン」
カラフルな汽車に乗って、おもちゃ王国を冒険!「軽井沢おもちゃ王国」って、アトラクションのほか、「みずのひろば」といった自然で遊べるスポットもあって、すっごく広いのですが、「チューチュートレイン」は、まるでそれらを“見物”できるかのように、本当に一周コースなんです!!どんなところがあるのかを、これに乗ってチェックするもよし!歩き疲れの休みのひとときにするもよし!大興奮の合間に、ぜひ取り入れたいアトラクションメニューかも♪

●「パノラマゴンドラ」
DSC03533.jpgおもちゃ王国のみならず、軽井沢の自然をも、悠々と眺めることができる。実は、ゴンドラの中で1台だけ(確か)、すべて透明な「ゴンドラ」があるんです。屋根も壁も、足元も、オールスケルトン!!DSC03530.jpg予約する人もいるみたいですが、私たちが行ったとき、たまたまこのスケルトンゴンドラにBIMGOしたので、ありがたく乗らせてもらいました!!
観覧車など、高いところがチョット怖いらしい夫は「チビぃ~。揺らすなよぉ~」っと、子供が動くたびに、抱きしめて(はがいじめ?)してましたよ。そんなビビり虫の夫を見たチビは超ご機嫌でした。


このほか、高さ65mの「観覧車」や、中学生以上が運転可能な「ゴーカート」、空中自転車に「メリーゴーランド」、「トランポリン」、コーヒーカップ感覚の「ちびっこ宝島」などがあります。
ゴーカートとトランポリンは絶対行きたい(やらせてあげたい)と思っていたのですが、はしゃぎすぎたチビがねむくなってきてしまったの。よって、すべてのアトラクションにトライすることはできなかったのですが、それでも、子供と親ともに、大満足な時間を過ごせました。



■おもちゃの展示パビリオン
DSC03514.jpgダイヤブロックやアンパンマン、シルバニアファミリーなど、子どもたちが大好きなオモチャがたくさん置いてある室内があるんです。シリーズごとに、スペースが区分けされていて、ここでは自由にオモチャで遊ぶことができるんですよ♪ちなみに、うちのチビが一番「帰りたくないモード」になっていたのは、「トミカのプラレール」。無表情でよだれ流して興奮しまくってました(笑)
※ちなみに、各展示パビリオンは、遊園地疲れしやすい大人にとって、良い休憩場所となります。夢中に遊び続ける子どもをエンドレスで見守るのはチョット退屈かもしれませんけど(笑)でも、うちの場合は真夏に行ったので、パパママ的にはちょっと炎天下から解放される時間はありがたかったかな。また子供も遊びながらも、太陽を浴びた肌をクールダウンさせられるしね!


■キャラクターがあつまるイベントも♪
DSC03522.jpgシーズンや期間によって、内容はいろいろなようですが、入口付近にある「イベント広場」では、うたや踊りといった楽しいイベントが行われています!一日に数回、異なった内容で予定されてるっぽいのですが、私たちが行ったのは「王様と仲間たちと遊ぼう」。ここには、王様をはじめとした、王国のキャラクターがたくさん集合して、ダンス☆うちのチビは、大喜びでずっとジャンプし続けてました!なお、イベントの最後にはキャラクターたちと写真がとれる撮影会もあるんですよ!




■その他
アトラクションやパビリオン以外の自然ゾーンには、「水遊びのできる広場」や「動物ひろば」「フラワーガーデン」「渓流釣り」「手作り工房」「パターゴルフ」と、たくさんの遊べる場所があるのです。小さい子供も楽しめると同時に、おとなも一緒にエンジョイできる内容が盛りだくさん♪
正直言って、これを全部楽しもうというなら、一日ではチョット無謀すぎるかも(笑)隣接した「ホテルグリーンぷらざ軽井沢」を利用して、「アトラクション&パビリオン」の1日と、自然で遊ぶ1日にわけ、前後編で楽しむといった過ごし方も有りかもしれません♪


■感想
小さな子連れで行った中で、今まででダントツに良かった!子供が乗り物にのれることもそうなんですけど、親が一緒に楽しめるというのは大きい!!私は夏休み期間に行ったのですが、他の遊園地と比較すると空いていたんですね。“並ぶ”というストレスがそこまでなかったのも嬉しい。ただ、人の数としては少なくはないので、午後になってくるとアトラクション関係は、やっぱりチョットは並ぶんですね。訪れた際には、開園直後の入場を狙い、人気アトラクションから攻めるのがおすすめかもです。
ちなみに、うちの子供は1歳だったので無料入園だったのですが、無料でここまで充実しているスポットはあまりないんじゃないかな?っというのが喜びの本音。兄弟がいて、下の子がまだ小さかったりするファミリーには、遊びやすいパラダイス的な王国だと思います!!


■補足

「道路渋滞について」
夏休みど真ん中だったのに、運がよかったのか神奈川県から(朝方に出発)向かい、ほぼ渋滞はありませんでした。(あくまでも私の経験での話ですけど)

「ホテルグリーンプラザ」
実は、軽井沢行きを決めたのは出発前日。その時点でホテルグリーンプラザの空き状況はあと2部屋ぐらい。今から予約しておけば間に合うかもしれませんし、また「おもちゃ王国」とのお得なプランもあるようです

「王国と一緒に“旅”スケジュール」
軽井沢という立地条件から、他にいろいろと観光できるスポットがありますよね。ショッピングが好きなママだったらアウトレットに立ち寄るというのもOK!“家族それぞれの楽しみ”を盛り込んだ、GWの旅行にぴったりかもです!


■軽井沢おもちゃ王国  
  入園料:大人1.000円 小学生800円 
  2歳~小学生未満600円 ※1歳0歳は無料
  「ドリームチケット」  (渓流釣り・パターゴルフ以外載り放題)
  大人2.800円 学生2.400円   2歳~小学生未満2.000円
  ※ドリームチケット以外での乗り物:ほぼ200円~700円
  駐車場:無料  

◎参考までに:「おもちゃ王国」は、各地にあります。
(東京・群馬・兵庫・愛知・岡山・香川・大分)
内容は場所によって異なると思いますので、
公式HPによってチェックしてみてください♪

【ディズニーパスポートが当る】ゴールデンウィークおすすめスポット大募集! ←参加中

スポンサーサイト

【2009/03/27 08:44】 | つぶやき
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。