あまい想い出、悲しい現実、自由奔放に綴ります。 筆のむくままに―
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 【“自信”トマトジュース】 
~ 私の血液がトマトジュース(自信)でできてたらいいのに…(笑)~

以前、モニプラさんのプロジェクトにあった
「北海道赤井川村産 完熟桃太郎100%のトマトジュース」
のモニターに応募していたんですけど、

(紹介過去記事)
完熟トマトがゼリーな「でざあととまと」!
 ~私、トマトちゃんの虜です~



実は、当選通知
いただいちゃいました (*´▽`*)ゞ


トマトジュースは居酒屋でも頼むようなMIEなので、

MIE:「 すっごいトマトジュースが届くんだよ( ´艸`).。 」
(ワクワクしていることを、夫に告げる妻 )

夫:「へぇ~。へぇ~。へぇ~(--)」
(トマトは好きではないけど、トマトジュースはたま~に飲む夫)

MIE:「 名前がね、 “自信” って言うの!」
(夫に喜びを告げる妻 )

夫:「スゴイ名前だねーーー(・0・)」
(“どんなもんよ!”っと、構えた感じになっている彼)

っというわけで・・・・

北海道赤井川村産 完熟桃太郎100%

“自信”トマトジュース
 到着! 
↓ ↓ ↓

DSC04228.jpg

光加減で、“ドロドロ感”がわかりますでしょ(〃▽〃)!?

それでは早速・・・

 いっただっきまーーーす!!


 ■□ ↓つづきはコッチ↓ □■ 

●お口の中の存在感!!

DSC04232.jpg左の写真を見て、「以外とサラサラ系?」なんて思われた方、決してそんなことありませぬε=ε=ε=(;`ノ・Д・)ノ
私の注ぎ方やら写真の取り方が下手っぴなのかもしれませんが、注いだ雰囲気以上に、口当たりは“どろり”。舌にぼってりとのる感じは、そこら辺のトマトジュースとは段違い!!のど越しを大袈裟に例えるなら、果肉そのものがゆっくりと流れ落ちていくって感じかも(ノ∀≦。)ノ



●「桃太郎やーーーいっ♪」
DSC04231.jpg第一印象としては、「甘い!!」との驚き!!これまで飲んできたトマトジュースとは全く違った“甘さ”にすごくインパクトがあるんです。もちろん、お砂糖なんて入って無く、これ、丹精こめて作られた職人技による「桃太郎トマト」という素材のなせる技!!お塩は天日塩で、たったの0.2%とのことですが、これが旨みの秘訣なんだそうです。保存面においても、甘みを引き立てつつお味を活かすという意味でも、“鍵”となっているといたところなんでしょうね。でも、「桃太郎トマト」のすごさが飲みやすい“ジュース”として姿を変えた「自信」は、ともかくお気に入りですヽ(○´w`)ノ



●“満足感”があるので・・

DSC04230.jpg私がいただいたモニター品は、一度に瓶を飲みきらなくても、簡易的に蓋をしておけるんですね。トマトジュースって、一気のみもできる私ですが、一口の満足感が高かったので、最初は半分ぐらいをコップに入れて、瓶の残りは冷蔵庫にIN。しかも、家事の合間に“ひとくち”でリフレッシュできるとあって、コップに注いだ「自信」もまた、冷蔵庫に入れて、「チョビっと飲んではにっこり━(*´∀`*)━ 」を、繰り返してました(笑)



ちなみに、“トマトは苦手だけどトマトジュースならたまに飲む”
夫的感想はというと・・・


夫:「すごい濃厚だね!甘いね!!。でも、俺的にはやっぱり塩を入れて飲みたいな~」
(※夫はトマトジュースは塩たっぷりIN派なんです)

夫:「だけど、これだけ素材の味を活かしたジュースに塩入れたらもったいないよね~」
(あくまでも彼個人の好みとは違うものの、商品自体の“自信”はかっている様子)

MIE:「 そうよ!もったいないわよ(+_+)!!」
(っと、夫に試飲をさせた後、みなが寝静まった深夜・・・)

夫にはそう言ったものの、つい、試してみたくて、
「塩」入れて飲んでみました(汗)

※せっかくの素材なのに… _| ̄|○)) 「自信」さんゴメンナサイ ((○| ̄|_

ただ、、、、、、

そのままも美味しいけど、塩をプラスして飲んでも、また一味違って。。
美味しかったんです。゚( ゚^∀^゚)゚。



なお、モニター商品として3本いただいたのですが、
せっかくなので、そのまま飲む以外に、、、

“おススメレシピ”を作ってみちゃいました!

↓ ↓ ↓

【北海道のトマトスープ】
とっても簡単なのに高級レストランの味が自宅で!!
(商品に添付されていたおススメレシピより)

DSC04235.jpg

※その場でどうしても作りたくて、飾りのクラッカーやパセリがなくて、
チョット寂しくて申し訳ないのですが、絶品ですよ♪


①コンソメスープの素をお湯で溶かす
②牛乳を煮立てないように温めるので、私は電子レンジでチン
③①と②、そしてトマトジュース(自信)をプラスして塩コショウ
④飾りに砕いたクラッカーやパセリがあれば、上品な装いに


※分量など、実際のレシピは、商品に添付されているものをご参照ください
私はお鍋をひとつだけで作りたかったので、チョット手抜き系です(汗)

ちなみに、うちの夫は濃い口なので、コンソメの量は参考よりも
ちょっと多めにしました。
あと、自分が“自信”の味を利かせた仕上がりにしたかったので、
ジュースの分量も、ちょっと多めに(舌分量ですが…)しました。

ハッキリ言って・・・

旨かったーーーー!!

こんな簡単に、手間暇かけたようなスープが作れちゃうなんて・・

手抜き料理ばかりの主婦MIEも、
料理の“自信がついてきちゃったかも(!?)

※しかも、このスープを応用して、スープスパゲッティとか、
ドリア系のベースに使ったりできそうかも?っと、
想いが膨らんでいた私であります―



■商品情報:“自信”トマトジュース 完熟トマト100%
(北海道あじらく:北海道あじらく TOP
DSC04229.jpg
科学保存料一切なし・1lに特大トマト約6個分
1ℓ(ラベル付)=1.500円
1ℓ(ラベル無)=1.320円

※今回モニター品としていただいたのは、
180ml×3本(1.140円相当)

「北海道あじらく」“自信”トマトジュース

北海道あじらく ファンブロガー コミュニティー


「気になる!」って思ったら「ポチッ☆」してって下さい!



スポンサーサイト


追記を閉じる▲
●お口の中の存在感!!

DSC04232.jpg左の写真を見て、「以外とサラサラ系?」なんて思われた方、決してそんなことありませぬε=ε=ε=(;`ノ・Д・)ノ
私の注ぎ方やら写真の取り方が下手っぴなのかもしれませんが、注いだ雰囲気以上に、口当たりは“どろり”。舌にぼってりとのる感じは、そこら辺のトマトジュースとは段違い!!のど越しを大袈裟に例えるなら、果肉そのものがゆっくりと流れ落ちていくって感じかも(ノ∀≦。)ノ



●「桃太郎やーーーいっ♪」
DSC04231.jpg第一印象としては、「甘い!!」との驚き!!これまで飲んできたトマトジュースとは全く違った“甘さ”にすごくインパクトがあるんです。もちろん、お砂糖なんて入って無く、これ、丹精こめて作られた職人技による「桃太郎トマト」という素材のなせる技!!お塩は天日塩で、たったの0.2%とのことですが、これが旨みの秘訣なんだそうです。保存面においても、甘みを引き立てつつお味を活かすという意味でも、“鍵”となっているといたところなんでしょうね。でも、「桃太郎トマト」のすごさが飲みやすい“ジュース”として姿を変えた「自信」は、ともかくお気に入りですヽ(○´w`)ノ



●“満足感”があるので・・

DSC04230.jpg私がいただいたモニター品は、一度に瓶を飲みきらなくても、簡易的に蓋をしておけるんですね。トマトジュースって、一気のみもできる私ですが、一口の満足感が高かったので、最初は半分ぐらいをコップに入れて、瓶の残りは冷蔵庫にIN。しかも、家事の合間に“ひとくち”でリフレッシュできるとあって、コップに注いだ「自信」もまた、冷蔵庫に入れて、「チョビっと飲んではにっこり━(*´∀`*)━ 」を、繰り返してました(笑)



ちなみに、“トマトは苦手だけどトマトジュースならたまに飲む”
夫的感想はというと・・・


夫:「すごい濃厚だね!甘いね!!。でも、俺的にはやっぱり塩を入れて飲みたいな~」
(※夫はトマトジュースは塩たっぷりIN派なんです)

夫:「だけど、これだけ素材の味を活かしたジュースに塩入れたらもったいないよね~」
(あくまでも彼個人の好みとは違うものの、商品自体の“自信”はかっている様子)

MIE:「 そうよ!もったいないわよ(+_+)!!」
(っと、夫に試飲をさせた後、みなが寝静まった深夜・・・)

夫にはそう言ったものの、つい、試してみたくて、
「塩」入れて飲んでみました(汗)

※せっかくの素材なのに… _| ̄|○)) 「自信」さんゴメンナサイ ((○| ̄|_

ただ、、、、、、

そのままも美味しいけど、塩をプラスして飲んでも、また一味違って。。
美味しかったんです。゚( ゚^∀^゚)゚。



なお、モニター商品として3本いただいたのですが、
せっかくなので、そのまま飲む以外に、、、

“おススメレシピ”を作ってみちゃいました!

↓ ↓ ↓

【北海道のトマトスープ】
とっても簡単なのに高級レストランの味が自宅で!!
(商品に添付されていたおススメレシピより)

DSC04235.jpg

※その場でどうしても作りたくて、飾りのクラッカーやパセリがなくて、
チョット寂しくて申し訳ないのですが、絶品ですよ♪


①コンソメスープの素をお湯で溶かす
②牛乳を煮立てないように温めるので、私は電子レンジでチン
③①と②、そしてトマトジュース(自信)をプラスして塩コショウ
④飾りに砕いたクラッカーやパセリがあれば、上品な装いに


※分量など、実際のレシピは、商品に添付されているものをご参照ください
私はお鍋をひとつだけで作りたかったので、チョット手抜き系です(汗)

ちなみに、うちの夫は濃い口なので、コンソメの量は参考よりも
ちょっと多めにしました。
あと、自分が“自信”の味を利かせた仕上がりにしたかったので、
ジュースの分量も、ちょっと多めに(舌分量ですが…)しました。

ハッキリ言って・・・

旨かったーーーー!!

こんな簡単に、手間暇かけたようなスープが作れちゃうなんて・・

手抜き料理ばかりの主婦MIEも、
料理の“自信がついてきちゃったかも(!?)

※しかも、このスープを応用して、スープスパゲッティとか、
ドリア系のベースに使ったりできそうかも?っと、
想いが膨らんでいた私であります―



■商品情報:“自信”トマトジュース 完熟トマト100%
(北海道あじらく:北海道あじらく TOP
DSC04229.jpg
科学保存料一切なし・1lに特大トマト約6個分
1ℓ(ラベル付)=1.500円
1ℓ(ラベル無)=1.320円

※今回モニター品としていただいたのは、
180ml×3本(1.140円相当)

「北海道あじらく」“自信”トマトジュース

北海道あじらく ファンブロガー コミュニティー


「気になる!」って思ったら「ポチッ☆」してって下さい!



スポンサーサイト

【2009/03/31 01:16】 | お試ししてみた!
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。