あまい想い出、悲しい現実、自由奔放に綴ります。 筆のむくままに―
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  【 念願の鳥取砂丘に・・・】 


20代半ばぐらいから、私、ずーーーっと、、

鳥取砂丘に行きたい 
って思ってるのね (*´エ`*)

“なにがどうだの”“それがそうだの”なんて、
細かい理由なんて、全くない。

私の本能が
砂丘を求めているからなのサッ★


MIEのエリアからだと、遠くだし、
“砂丘”に共感してくれる人もいなかったから、
今まで鳥取に行くことはなかったんだけど…

今年のGW、“旅費”さえあれば、
砂丘に行きたいんですーーー!


前前から夫には、「鳥取砂丘に行ってみたい」
とは言ってあるんだけど、
「沖縄」だの「熊野」だの、夫と折り合う希望を優先して
これまで旅行をしてきたのね。

だから、鳥取の出番がまだ来てないんです…

ただ、まだまだ夫は北海道とか東北方面とか、
行きたいところがたくさんあるらしくって、

MIE:「 今年のGWは砂丘にしちゃいなよ YOU! 」
(っておススメしてみたらさぁ~ )

夫:「一体、なにがあるのさ?砂だけでしょ(―_―) ?」
(とかぬかすので、砂かけババアになってやろうかと思ったわよ・怒)


だからね、「こんなところもある!」「こんな事もできる!」といった、
鳥取の“楽しいこと”を目に見える情報としてぶつけてやろうと、
観光・旅行情報サイト「たびけん!」にて
たびネタ検索してきたわよ!


 ■□ ↓つづきはコッチ↓ □■ 

鳥取砂丘のクチコミ情報には写真がアップされていて、
確かに「砂・砂・砂………」だった。

「よいしょ!よいしょ!」って登ってる姿だけだと、
さすがに夫も“やっぱり砂だけじゃん…”とか言いそうだけどさ~、

私的には「辺り一面砂だらけである“砂丘”」って、
非日常的空間で、ちょっとファンタジックな世界じゃないかなって思うの。

それにちょっと異国の情緒みたいなものが感じられる気もするしね。

きっとチビだって、とっても広い“お砂場”におおはしゃぎするはず
(予想図)→ε=ε=ε=(*ノ^0^)ノ  ε=ε=ε=(*ノ^0^)ノ


っま、そんな想いが夫に伝わらなくとも、
彼が興味を持ちそうな“エサ?”があることを、
ここで見つけた私。


「ほらほら~! (σ`・∀・)σらくだ遊覧!」
ここではらくだに乗ることもできるらしく、
「らくだ遊覧=1.800円」って情報GET!

「うぉー!夕焼けキレーーー☆」
空の青と砂のコントラストが美しい日中とは逆に、夕方になると、その砂丘というキャンバス全体が夕暮れ色に染められていくの。これは一見の価値ありそうだし、“夕陽好き”である夫には、ぜひともこの写真、見せてあげようと思った私なの。

それに、一番の夫の“エサ”になりそうなのは、
「遊べる」こと!!

「サンドボード」という砂の上をスノボー感覚で滑るようなものや、
空を飛べる「パラグライダー」


それにね、「砂丘」だけが目玉じゃないのよ!

鳥取にはね、あの「ゲゲゲの鬼太郎」でおなじみの
“水木しげるさん”の名前のついている通りがあるの。
正式名称は・・
「水木しげるロード」。
ここには、ゲゲゲの鬼太郎のキャラクターオブジェたちが、
道端のあちらこちらで
見られることができるんです。

うちのチビもすでに「鬼太郎」を知っていて、
歌まで歌える状態なので、チビにお散歩させるだけでも喜びそう♪

あと、「鳥取砂丘こどもの国」ってのも、
ぜひともチビのメインスケジュールに組んであげたい!!

あと、“グルメ系”で興味があったのが、
「Cafe 木の香」。

知らなかったんだけど、鳥取市って日本一カレーの消費率が
高いんですって。
そんな鳥取市にあるここには、
なんと、女性である私がそそられる「薬膳カレー」たるメニューがあるらしく、
写真付きで紹介されていた「カレーパフェ」ってのも、
試してみたい!!

ちなみに、鳥取でね、5月31日まで「世界砂像フェスティバル」というのが
開催されていて、テーマは「世界の童話」なんですって。

札幌の“雪まつり”は行ってみたいけど、寒いのが苦手だから
今のところスルーしてたけど、
この砂像フェスティバルは、とっても見てみたいの!!

これって、鳥取に行く大チャンスよね!

でも、今からだとやっぱり急だし、
先立つものもちょっと用意できないかな…(凹)

でもきっと、このフェスティバルの様子とか
これから観光・旅行情報サイト「たびけん!」
ガンガン口コミされていくと思うのね!

だからもし、今回を逃しても、口コミとかを見て
“次回への期待に胸を熱くしたり”できるし、
ほんっと、あわよくば、自分が行って、
自ら鳥取の魅力をたびネタ検索に発信したいわよーーーーー!!

っというわけで、私が利用してみた“旅行情報”のツール
観光・旅行情報サイト「たびけん!」
以下のようなページもあるので、ぜひ見てみてね♪
たびネタ検索
たびけん!人気観光スポットランキング
たびけん!おすすめ特集


GWみんなはドコ行く?たびけんでたびネタを探そう!Byたびけん ←参加中


GWみんなはドコ行く?たびけんでたびネタを探そう!Byたびけん ←参加中


「鳥取行ったことあるけどおススメ!」
って方は「ポチッ☆」してって下さい!


 
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
鳥取砂丘のクチコミ情報には写真がアップされていて、
確かに「砂・砂・砂………」だった。

「よいしょ!よいしょ!」って登ってる姿だけだと、
さすがに夫も“やっぱり砂だけじゃん…”とか言いそうだけどさ~、

私的には「辺り一面砂だらけである“砂丘”」って、
非日常的空間で、ちょっとファンタジックな世界じゃないかなって思うの。

それにちょっと異国の情緒みたいなものが感じられる気もするしね。

きっとチビだって、とっても広い“お砂場”におおはしゃぎするはず
(予想図)→ε=ε=ε=(*ノ^0^)ノ  ε=ε=ε=(*ノ^0^)ノ


っま、そんな想いが夫に伝わらなくとも、
彼が興味を持ちそうな“エサ?”があることを、
ここで見つけた私。


「ほらほら~! (σ`・∀・)σらくだ遊覧!」
ここではらくだに乗ることもできるらしく、
「らくだ遊覧=1.800円」って情報GET!

「うぉー!夕焼けキレーーー☆」
空の青と砂のコントラストが美しい日中とは逆に、夕方になると、その砂丘というキャンバス全体が夕暮れ色に染められていくの。これは一見の価値ありそうだし、“夕陽好き”である夫には、ぜひともこの写真、見せてあげようと思った私なの。

それに、一番の夫の“エサ”になりそうなのは、
「遊べる」こと!!

「サンドボード」という砂の上をスノボー感覚で滑るようなものや、
空を飛べる「パラグライダー」


それにね、「砂丘」だけが目玉じゃないのよ!

鳥取にはね、あの「ゲゲゲの鬼太郎」でおなじみの
“水木しげるさん”の名前のついている通りがあるの。
正式名称は・・
「水木しげるロード」。
ここには、ゲゲゲの鬼太郎のキャラクターオブジェたちが、
道端のあちらこちらで
見られることができるんです。

うちのチビもすでに「鬼太郎」を知っていて、
歌まで歌える状態なので、チビにお散歩させるだけでも喜びそう♪

あと、「鳥取砂丘こどもの国」ってのも、
ぜひともチビのメインスケジュールに組んであげたい!!

あと、“グルメ系”で興味があったのが、
「Cafe 木の香」。

知らなかったんだけど、鳥取市って日本一カレーの消費率が
高いんですって。
そんな鳥取市にあるここには、
なんと、女性である私がそそられる「薬膳カレー」たるメニューがあるらしく、
写真付きで紹介されていた「カレーパフェ」ってのも、
試してみたい!!

ちなみに、鳥取でね、5月31日まで「世界砂像フェスティバル」というのが
開催されていて、テーマは「世界の童話」なんですって。

札幌の“雪まつり”は行ってみたいけど、寒いのが苦手だから
今のところスルーしてたけど、
この砂像フェスティバルは、とっても見てみたいの!!

これって、鳥取に行く大チャンスよね!

でも、今からだとやっぱり急だし、
先立つものもちょっと用意できないかな…(凹)

でもきっと、このフェスティバルの様子とか
これから観光・旅行情報サイト「たびけん!」
ガンガン口コミされていくと思うのね!

だからもし、今回を逃しても、口コミとかを見て
“次回への期待に胸を熱くしたり”できるし、
ほんっと、あわよくば、自分が行って、
自ら鳥取の魅力をたびネタ検索に発信したいわよーーーーー!!

っというわけで、私が利用してみた“旅行情報”のツール
観光・旅行情報サイト「たびけん!」
以下のようなページもあるので、ぜひ見てみてね♪
たびネタ検索
たびけん!人気観光スポットランキング
たびけん!おすすめ特集


GWみんなはドコ行く?たびけんでたびネタを探そう!Byたびけん ←参加中


GWみんなはドコ行く?たびけんでたびネタを探そう!Byたびけん ←参加中


「鳥取行ったことあるけどおススメ!」
って方は「ポチッ☆」してって下さい!


 
スポンサーサイト

【2009/04/26 21:10】 | つぶやき
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。