あまい想い出、悲しい現実、自由奔放に綴ります。 筆のむくままに―
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私が幼い頃見ていたアニメといえば、
「うる星やつら」とか「クリーミィマミ」「ペルシャ」とかだった。
兄がいるので、「きんにくマン」とか「ドラゴンボール」なんかも見てたっけ。

冒険とか魔法とかって、子どもの心にはすっごく
「ワクワク」を与えてくれるものなんですよね。
私、クリーミィマミっが変身するときに使う
コンパクトみたいな玩具を持っていたんだけど、
ただのプラスティックのケースなのに、
子ども心にはメチャメチャ特別なものに写ってた!
今思うと、あのときのキモチってなんだったんだろうって…

だから、「魔法」というテーマを使ったアニメは、
これからもたくさん作っていってもらいたいんだ。

だって、プラスティックの玩具たったひとつで、
子どもの胸の中にはすっごい広い世界が広がっていくでしょ?
多分、そうゆうのって、想像力が養われるんじゃないかって思うの。
私は読んだことはないんだけど、
魔法先生ネギま!」っていうマンガ知ってる?

2003年から週間少年マガジンにて連載スタートしたタイトルらしいんだけど、
これがすっごく売れに売れて、2008年4月現在での累計発行部数は…
1.200万部以上!!
マンガのみならず、CDやライブ、ゲームなどなど、
多方面においてこの「魔法先生ネギま!」は広がっていってるらしいの。
勢いある作品なんだね~。

私、「ネギま!」っと聞いてまず思ったのは、
「焼き鳥のネギマ」。
(作者ならびに関係者の方々ゴメンナサイ(><))
作品を知らない三十路的発想だと、コレしか浮かばなくて…

この「ネギま!」っていうのは、魔法使い見習いとなった10歳の少年
「ネギ・スプリングフィールド」を中心に物語が進められるという作品らしい(?)
英国・ウェールズの魔法学校を卒業し、
立派な魔法使いである父のようになるため、
日本の学校(麻帆良学園女子中等部)で先生をすることになるの…。

でも、小さい子たちが見るような「アニメ」とはまた違う感じなんだね~。
原作者である赤松健さんの代表作としては、
「A・Iが止まらない」とか「ラブひな」などで、
美少女ラブコメディーのジャンルで名高い人みたい。


そんな魔法先生ネギま!が、
原作者赤松健プロデュースのもとにアニメーション化されるらしいですよ!

「赤松健プロデュースのOAD(オリジナル・アニメーション・DVD)なので、
原作に限りなく忠実でありつつ、
ストーリー内容も赤松チョイスのため、ファンは必見!
まだ読んだことのない、私のようなタイプにも、
アニメーション化された魔法先生ネギま!のOADは見やすいかもしれませんね。

それに、男の子からおじ様までも楽しみを見出せるような作品なので、
美少女たちが実際に動いたり話したりするのって、
「ツボ」な人も多いはずなんですよ。

ちなみに、全3話新作オリジナルアニメーション。
「DVD付き初回限定版」が発売されるようです!

KC「魔法先生ネギま!」コミックス23巻、24巻、25巻とセット!

~4月17日より予約開始だそうです!~

OAD 第1話:「ネギま部(仮)増殖中」DVD付き初回限定版コミックス23巻

OAD 弟2話:「つまりあのコが大本命!?」DVD付き初回限定版コミックス24巻

OAD 弟3話:「ネギ・パーティ準備万端!!」DVD付き初回限定版コミックス25巻



人気の原作って、アニメ化されたり、映画化されたり、ドラマ化されたりするでしょ?
私の場合、マンガや本を読む時間がなくなったせいか、
だいたいが、原作を読むのは後付けなのよね~

だから、アニメーションやドラマから入ったりするほうが、多いわけなんだけど、
それって、マンガだけでとどまっていた作品だったら、
“出会わない”ということなの。
だから、魔法先生ネギま!がアニメーション化されることにより、
もしかしたら、私もどこかでであるかもな~なんて思ったりしました。

■記事の参考
魔法先生ネギま!
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
私は読んだことはないんだけど、
魔法先生ネギま!」っていうマンガ知ってる?

2003年から週間少年マガジンにて連載スタートしたタイトルらしいんだけど、
これがすっごく売れに売れて、2008年4月現在での累計発行部数は…
1.200万部以上!!
マンガのみならず、CDやライブ、ゲームなどなど、
多方面においてこの「魔法先生ネギま!」は広がっていってるらしいの。
勢いある作品なんだね~。

私、「ネギま!」っと聞いてまず思ったのは、
「焼き鳥のネギマ」。
(作者ならびに関係者の方々ゴメンナサイ(><))
作品を知らない三十路的発想だと、コレしか浮かばなくて…

この「ネギま!」っていうのは、魔法使い見習いとなった10歳の少年
「ネギ・スプリングフィールド」を中心に物語が進められるという作品らしい(?)
英国・ウェールズの魔法学校を卒業し、
立派な魔法使いである父のようになるため、
日本の学校(麻帆良学園女子中等部)で先生をすることになるの…。

でも、小さい子たちが見るような「アニメ」とはまた違う感じなんだね~。
原作者である赤松健さんの代表作としては、
「A・Iが止まらない」とか「ラブひな」などで、
美少女ラブコメディーのジャンルで名高い人みたい。


そんな魔法先生ネギま!が、
原作者赤松健プロデュースのもとにアニメーション化されるらしいですよ!

「赤松健プロデュースのOAD(オリジナル・アニメーション・DVD)なので、
原作に限りなく忠実でありつつ、
ストーリー内容も赤松チョイスのため、ファンは必見!
まだ読んだことのない、私のようなタイプにも、
アニメーション化された魔法先生ネギま!のOADは見やすいかもしれませんね。

それに、男の子からおじ様までも楽しみを見出せるような作品なので、
美少女たちが実際に動いたり話したりするのって、
「ツボ」な人も多いはずなんですよ。

ちなみに、全3話新作オリジナルアニメーション。
「DVD付き初回限定版」が発売されるようです!

KC「魔法先生ネギま!」コミックス23巻、24巻、25巻とセット!

~4月17日より予約開始だそうです!~

OAD 第1話:「ネギま部(仮)増殖中」DVD付き初回限定版コミックス23巻

OAD 弟2話:「つまりあのコが大本命!?」DVD付き初回限定版コミックス24巻

OAD 弟3話:「ネギ・パーティ準備万端!!」DVD付き初回限定版コミックス25巻



人気の原作って、アニメ化されたり、映画化されたり、ドラマ化されたりするでしょ?
私の場合、マンガや本を読む時間がなくなったせいか、
だいたいが、原作を読むのは後付けなのよね~

だから、アニメーションやドラマから入ったりするほうが、多いわけなんだけど、
それって、マンガだけでとどまっていた作品だったら、
“出会わない”ということなの。
だから、魔法先生ネギま!がアニメーション化されることにより、
もしかしたら、私もどこかでであるかもな~なんて思ったりしました。

■記事の参考
魔法先生ネギま!
スポンサーサイト

【2008/04/12 13:35】 | 見つけた!
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。